知識と経験 ― スキルを学ぶときに必要なこと

もう3月なのですね。忘れてました。

継続が苦手な私ですが、今年は「続ける」ことをテーマにいろんなことに取り組んでいます。

ブログの毎日更新が今のところ大きなものですが、それ以外にも英作文を毎日行うこともまだ数週間ですが続いています。一日一問でもいいから例題を解いていくという目標です。それ以外では最近始めたプログラミング言語の習得も。

どこまで続けられるのかという不安もありますが、まずはやり始めてみないと分からないことってたくさんありますからね。何事も経験です。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

今日、とある企業向けのコーチング研修で「傾聴が難しい」という話がありました。

複数の発言者の話を聞くと、どうも相手の話を聞かなくちゃいけないし、次の質問も考えなくちゃいけないからどうして良いのか分からない、とのこと。

確かにそうですよね。私もコーチングを学び始めた頃は戸惑いました。

私の場合、最初に「全身全霊で聴け!」とばかりに教えられたものですから、その通りにしたら質問が浮かばずに頭の中が真っ白に。

まぁ、当然といえば当然です。幸いなことに思考錯誤を繰り返すうちに何とかなってしまったので、今に至っているわけです。

 

でも、他の教え方はないものかと考えて、先に質問の仕方を教えてしまえばいいのでは?と思いつきました。

質問の仕方も漠然としたものではなく、論理的な質問です。今は「2つの視点と3つのスキル」としてまとめているところです。

いろいろ検討した結果、質問は「型」が作りやすいのです。だから、コーチングを学ぶ人は最初にこの「型」を身に付ければ、ある程度以上の質問力が身に付くわけです。

 

では、傾聴はどうでしょうか?

質問の「型」というのは、論理思考の基本から作っています。なので、この「型」を理解すれば、相手の話を論理的に整理しながら聞くことができます。つまり質問の「型」が、そのまま傾聴にも応用できるのです。

この「型」に興味のある方は、現在制作中の研修コンテンツ『コーチングの風景』の公開(4月予定)をお待ちください。無償提供ですので、だれでも見ることができますよ!

もちろん、これさえできればコーチングが完璧に身に付くというわけではありません。でも、きちんと身に付けることができたら、コーチングもかなりのレベルには到達すると思います。

そこから先は、試行錯誤も含めて経験から学べばいいことです。試行錯誤、創意工夫といった経験から学ぶものは、教えるのも習得するのも時間がかかります。ですから、じっくりと時間を掛けて学ぶ必要があるのです。

習得に時間を要するスキルは、一日やそこらの研修では教えることは不可能なのです。

 

Wisdom without action is like a tree without fruit.
(行動を伴わない知恵は、果実の実らない樹のようなものだ。)

 

知識を得ただけで満足してても意味がありません。基本の「型」を覚えたらそれを試しながら、経験を積み、創意工夫を重ねてこそ意味があるのです。

 

あなたはこれまでの経験からどんなことを学んできましたか?

 

cherry photo