好奇心の向かう先にあるものは何?

今日、あたふたと移動の途中、タブレットPCをコンクリートの床に激しく落としてしまい、あぁ~っ!っと思ったけれど外傷は見受けられなかったので、そのまま客先に向かいました。

でも、そんなはずもなく、客先で開いたら画面の左下部分が破損していました。

幸い、問題なく稼働しているし、データも何も無事だったのでホッとひと安心。でも、こまめにバックアップを取っていないことに気が付き、もしこれで万が一のことがあったらと想像したらゾッとしました。

皆様もデータのバックアップは取っておいた方がいいですよぉ!

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

あたふたと移動したのは予想外に時間を取られたからで、その原因は確定申告。いつもぎりぎり。

とりあえず申告用紙に記入だけして外出しようと思っていたら、思いのほか時間がかかってしまいました。大きな要因は会計ソフトを変えたから操作に戸惑ったという単純な理由なんですけど、早めに処理して居ればこんなことにはならなかったはず。

明日が締め切りですので、長蛇の列の一員として明日は頑張る予定です。これも時間の無駄なんですね。来年こそは早めに処理します。たぶん・・・・。

で、確定申告もそうなんですけど、研修の制作とか、資料や原稿などの締め切りが近づいて「やらなきゃなぁ」と思うと決まって他のことがしたくなる。

学生時代に試験期間中は勉強に集中しなくちゃいけないのに、普段は読まないのに急に本が読みたくなったり。こんな経験ありませんか?

こんなことがいい歳になっても続いているんですね。ちょっとここ最近のものをリストアップしてみます。

・アマゾンで本を5冊くらい発注(心理学とか「バイエルの謎」とか諸々)
・図書館で本を3冊借りてきた(「考えることの科学」など)
・プログラミング(C言語)の勉強がしたくなった
・数学の勉強(しかも中学数学)を始めた
・ペン字の練習(悪筆矯正)
・ちょっと昔の小説を読んだ(「雨の日には車をみがいて」)

ちょっと思いつくだけでもこんなことをしていたわけです。これって集中力のない人の特徴かも?

あれこれ手を出すわりに、何一つやり遂げていない。我ながら情けない。

でも、興味を持つことは良い事だとも考えられます。この飽きっぽくいろんなことに手を出すことで、結構多角的に物事を考える柔軟な思考が手に入ったりするわけですね。ま、人によると思いますが、少なくとも私はそうです。

家に挙げたリストの中で、なるべく早く成果を出したい、知識を得たいのは悪筆矯正と研修に関連する読書(心理学、思考力など)ですから、これらはなるべく早めに片付けながら、「やめない」「続ける」だけを意識して気長に取り組んでいこうと思っております。

と、書きながら思い出したことが。写真の撮影もしないとね。またリストが増えました。。。

 

あなたの好奇心は、いまどこに向かっていますか?

 

curiosity photo