あなたが心からやりたいことに意味はあるのか?

今日は接骨院で五十肩の治療を受けて来ました。

まだ肩が上がりませんが、治療を受けて痛みが取れるだけでもかなり楽になります。

早く良くなればいいのですが、いつ治るかは予測ができません。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

自分の記憶力が弱くなったせいなのかは分かりませんが、思いついたアイデアが時間を置くことで思い出せなくなることがあります。

今日のブログのネタも、午前中に「あ、このことについて書こう」と思ったことがあるはずなのですが、どうにも思い出せない。

ひょっとしてメモしてあるかなとメモ帳を見返してみましたが、書いていない。それもそのはずで、書いた記憶がありませんからね。(溺れる者は藁をもつかむ)

 

ということで、アドリブで書いていきます。

 

コーチング研修などで受講者同士で模擬コーチングを行ってもらうことが多いのですが、その時にクライアント役になった受講者がコーチングでコーチに相談するテーマが思いつかないことがあります。

今の課題は何?というテーマ設定に対しては、ちょっと考えると思いつくようですが、意外と出てこないのが「あなたがやりたいこと」というテーマです。

真面目な人ほど躓く傾向があるようにも思うのですが、何故でしょうね?

自分の「これから」について考えたことがないのかもしれませんけど、それでも全く出てこない人もいることは事実です。

私が思うに、自分がやりたいことに意味を見出そうとし過ぎているのかなと。

自分の「やりたいこと」が将来、自分にとって意味があることであり、今の自分から見ても納得のいくものを探そうとすると意外と思いつかない、そう思うのです。

自分のやりたいという感情に合理的な意味なんてないことの方が多いはずです。

私だったら50歳を目前にして突然プログラミング言語を学ぼうとしています。でも、これって何の意味もないのですよ。(少なくとも今のところは)

老後にプログラマーとしての職を得ようとか、それを学ぶことによって自分の将来に得なことがあるとか。実際にはそんなことはないと思います。

でも、不思議なことに学ぶ過程で起こることや、学んだことで何かを起こる可能性も否定できません。確実なのは「今は意味がない」ということだけです。

では、何のために学ぶのか? 答えは簡単です。

 

「やりたいから」

 

以上。(笑)

 

でも、こんなものなんだと思います。「世の中で起こることのすべてに意味がある」というのは結果論的な発想で、たいていは後から意味が出てくるもの、もしくは意味を見出されるものです。

だから、これから先に起こることには、現時点で意味がないのだと。

損得勘定ばかりで「やりたいこと」を考えていたら、何も浮かばないのはよく分かります。まだ起こっていない事柄で、しかも意味のないところに意味を見出そうとか、損か得かで判断しようとしているのですからね。

あれこれ考えないで、自分の中の声に耳を傾けて聴いてみる。その中で本当にやってみようと思えるものがあれば一歩でも二歩でも踏み出してみる。

やってみて違ったら止めればいいだけですから。

 

あなたの「本当にやりたいこと」は何ですか?

 

baloon photo