「教えない」プロは「教える」プロでもある

今日の午後、半年ほど続いたコーチング研修が修了を迎えました。

頑張った受講生との別れはいつも寂しい気持ちになりますが、彼らにとって本当の意味を持つのはこれからですから、門出を祝いたいと思います。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

修了日はワークが詰まっていて、ゆっくりお話しする時間もありませんでしたので、参加者に関連しそうな書籍を紹介しておきました。

書籍の紹介は、研修だけでなくコーチングセッションの中でも度々行います。クライアントが考えるヒントが詰まっている本であれば、必ず役に立つはずです。

コーチングは「教えない」が根本にあります。しかし、絶対に教えないということはありません。諸条件が整えば教えることもあるのです。

条件は「クライアントが考えても答えを出せない、且つそれをクライアントが自覚している」ことと、「コーチが教えることの許可を取る」ことです。

もともと「教えない」は、人間が押し付けられた考えに反発する習性を持っているからです。自分のことに置き換えてみればわかるはずですが、あれこれ指図されるのは嫌ですよね。自分で考えさせてくれと。

逆に自分で思いついたことは自分でも大切にします。だから行動が伴うのです。

自分で思いついてもらうためには、クライアントに考えて貰わなければなりません。もし思いつく前にコーチが教えてしまうと、クライアントが考える機会を失います。

だから「教えない」のですね。クライアントの「考える」を奪わないで、クライアントが考えた結果、教えてほしいと思うのであれば教えても構わない。ただし、考えもしないうちに「教えてくれ」と言われてもプロのコーチは教えません。理由はもうわかりますよね。

コーチングを学んで最初にショックを受けるのは「教えない」ということかもしれませんね。教えないで気づかせるのがコーチングということを言葉通りに覚えこんでしまうと先の理屈が理解できないことでしょう。

ところで、私が知る限り「この人すごいコーチだな」と思えるコーチは、みな教えるのが上手です。コーチとしてだけでなく、研修講師としても活躍されている方が多いのも頷けます。

「教える」プロであり、「教えない」プロでもあるのです。

ときどき、クライアントに教えることのできないコーチを見かけることがあります。実際にその人のコーチングを見たわけではないのですが、話をしているとその人の知識量が欠如しているのが分かるからです。(こういう人は、他にも問題があるのですけど)

私が憂慮しているのは「教えない」を良い事に、「教えられない」コーチがいるということ。正直な物言いをすれば「教えられないのならコーチの資格なし」だと考えています。

「教えない」と「教えられない」は全く次元が違うのです。

コーチが受け持つクライアントは多種多様です。私の場合でもコンピュータ回路の設計のお仕事をされていたり、先端農業の技術開発をされていたり、はたまた飲食店の開業を目指したり、従業員1000名以上の会社の社長さんだったりと、いろいろな分野で活躍されたり、その分野を目指している人が私のクライアントなのです。

私はビジネスコーチングをメインにしておりますので、こういった方々と仕事内容の話をします。でも、私は彼らの分野のスペシャリストではありません。

それでも私が書籍や、様々な人との会話や、セミナーなどで得た知識と思考をフル回転させれば彼らが何に悩み、つまずき、そして解決の糸口を見つけられるかが分かるようになるのです。

その分野のスペシャリストになる必要はありませんが、理解できる程度の幅広い知識と洞察力(主には抽象化の思考技術)があればいいのです。

だから、コーチになるためにはコーチングの本を読むのは当たり前で、コーチングに関係のない書籍もたくさん読んだ方がいいのです。コーチングや心理学、人間関係に関わる本はたくさん読まれているコーチは多いのですが、それ以外の書籍ですね。分野は問いません。これを読んでいれば大丈夫なんて書籍リストはありませんから。

もし、これからコーチングを学ぼうとしている人や、既に学んでいる人が居たら、ぜひ様々な分野の本を読むことをお勧めします。それはコーチとしてだけでなく、日々の生活も豊かにしてくれるはずですから。

 

あなたは何のスペシャリストですか?

 

cat read photo

Photo by Josh Antonio