ブログは「育てる」という感覚で書いていこう

三連休の中日なのに一日中家に引きこもり状態で、地道にこのブログのメンテナンスを行っていました。

ある程度の量の記事を思いつくままに書き上げ、記事が溜まったところでカテゴリーを考えて整理しようと思ったまま、結構な量になるまで放置していたので、カテゴリーを整理するだけでも時間が掛かる作業でした。

ついでにタグ付けとか、初期の頃は写真も挿入していなかったので、それらを一気に追加していくという作業です。

なかなかの重労働でした、まだ完全に終わっていませんけど・・・・。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

ブログって、自分の中から生まれた言葉を綴っているので、だんだんと愛着が湧くものなのですね。今回のメンテナンス作業をしながら「育てる」という感覚も生まれてきました。

カテゴリーを整理しようと思ったのは、人気ブロガーが「ブログは読者を作るものだ」という内容の記事を書いていて、そこでカテゴリーについて触れられていたからです。

要するに、自分が一連の内容(つまりカテゴリーです)の記事を書き綴っていくことで、その内容に関心がある読者を集めることができる。これは月間数百万PVを誇るブログだから可能なことかもしれませんが、アクセス数が少なくたって規模はともかく同様の原理が働くはずです。

このブログは主にコーチングについて書かれているので、そこに歌舞伎や狂言について知りたいと思っている読者は付きません。読んでくれる可能性があるのはコーチングに関心があったり、このブログに書かれている内容に沿った興味事がある人だけです。

それをカテゴリーという形で分かり易くすることが大切なのですが、やってみると読者の為だけでなく、書く側にも有益な作業だということが分かりました。

実際に過去の記事を読み返しながら、カテゴリーを整理していると「あ、このカテゴリーについて、まだまだ書くことがあるな」とか「こういうカテゴリーも必要なのではないか」と、今後書くべき記事などが見えてきたのです。

毎日更新でちょっとネタがないと思いつつ、無理やり書いていた時もありましたが、まだまだ書くことがたくさんあるということが分かっただけでも十分な効果があります。

また、カテゴリーを決めるときも「一体、このブログは何のために、誰に向かって書いているのか?」などの問いも出てきて、それにこたえる形でカテゴリーを考えていきました。こういう人に読んでもらいたいなら、この人は何に興味があるのだろうとかですね。

ということで、まだ未熟なブログですが、今後ともご愛顧いただければ幸いです。

 

あなたがブログを書くとしたら、どんな人に読んでもらいたいですか?

 

reading photo

 

One thought on “ブログは「育てる」という感覚で書いていこう

Comments are closed.