ブログを整理してみてわかったこと

今朝は冷えたせいか、4時くらいにアレルギー症状で花がずるずるになってしまい、そのまま眠らずに起きてしまいました。最近はこのパターンが多いです。

このおかげで昼は眠いし、生活のリズムを崩してしまっています。早めに対策を考えないと仕事にも影響が出そうですね。。。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

昨日からブログのメンテナンスを行っていました。作業内容は主に

・写真の挿入(古い記事に)
・カテゴリーの作成・分類
・タグの挿入
・記事間リンクの挿入(「昨日書いた記事で」などに)
・文章の体裁を整える(文面はそのまま)

カテゴリーやタグは、やろうと思えば一括修正できるのですが、100記事以上の修正なのでどの記事に何を書いたかタイトルだけでは判別できなかったので、個々の記事を読み返す必要があり、一括作業はできませんでした。

ということで、ひとつひとつの記事を読み返しながら編集するという作業になり、結果1日半くらい時間が掛かってしまいました。

 

おかげで過去記事を読み返しなが全体的な傾向を知ることができました。特にカテゴリー分けは俯瞰するために大変役に立ちました。

今頃カテゴリー分けを作ったのは、書き始めた当初は計画も立てずに思いつくまま書き始めたからです。カテゴリーは何がいいかなどは一瞬考えたのですが、書いてみないと分からないよね的な考えに落ち着き、ある程度書き貯めてからその内容に基づいて考えてみようと思ったのです。

現時点で11個のカテゴリーを作っています。表には出ていませんが、今後書こうと思うカテゴリーも用意されていますので、そのうちに増える予定です。

 

カテゴリーで整理分類してみると、「日々の気づき」としてカテゴリーに当てはまらないものも包含した項目を除いて、一番多かったのが「ブログを書く」でした。

特に毎日更新してますよアピールが頻繁に行われています。自分でもいかがなものかと思うのですが、多かったので書いておきます。

このブログは昨年8月に作ったものの、きちんと更新し始めたのは昨年12月です。実質3カ月ちょっとの運営なのでアクセス数も圧倒的に少なく、その中で書き続けるために自分で自分を鼓舞していたのだと思います。そうでないと書くためのモチベーションを維持できないのですね。

それ以外は自分がこのブログに期待している効果に必要な記事を、各カテゴリーごとに概ね満遍なく書いていることが分かりました。(「エライ!」と自分で自分を褒めておきます。笑)

あと、タグ付けとか記事間リンクとかは、読み手の利便性というよりはSEO対策的な意味合いが強いです。どのくらい効果があるのかはわかりませんが、出来ることは何でもやっておいた方がいいのだと。

 

ブログを整理することで得られた一番の効果は、昨日の投稿でも書きましたが自分のブログに対する愛着が湧いたということ。そして「育てる」という感覚が持てたことです。

ブログに限らず、SNSアカウント全般に言えることなのだと思いますが、ブログやSNSアカウントはネット上の自分の「人格」です。現実の自分がどのような人間かはネットの情報だけでは分からないし、読んだ人はその書かれている内容の総和として書いた人の人格を感じ取るわけですね。

いい加減なことを書けば「いい加減な人間」、嘘を書けば「嘘つき」、誠実に文章を書き上げれば「誠実な人」というイメージ(=ネット上の人格)が出来上がるわけです。

この学びを活かして、言葉を大切にしていこうと改めて思いましたし、文章力も上げていかなければと過去の記事を読み返しながら痛感しました。

 

ネットの中のあなたは、どのような人格ですか?

 

blogging photo

One thought on “ブログを整理してみてわかったこと

Comments are closed.