コーチングを学ぶということ

ブログの裏方のデータ(アクセス数など)を見ていたら、どうも休日はアクセス数ががたっと落ちる傾向があるみたいです。

週末は力の抜けた投稿をしているせいでしょうか。。。

気を取り直して、たまには真面目にコーチングについて語ってみます。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

企業研修などでコーチングを教えていると、最初のうちはコーチングに対して懐疑的だった人がだんだんとコーチングに嵌まりだすということが良くあります。

コーチングを学ぶ理由は人それぞれです。企業研修などでは会社の命令で受けに来る方がほとんどですが、一般のコーチング教室には自主的に学びに来る方がいて、コーチングに対して何かを期待しているという共通点があります。(それが無ければお金を払ってまで受けに来ないでしょうから)

その期待の中には「自分を変えたい」というものも少なくないようです。

会社の命令で受けに来た人、自主的に受けに来た人が共通して体験するのは「自分の中の何かが変わった」ということだと思っています。だからコーチングに嵌まるわけです。

 

コーチングを学んだ人が「コーチングってすごいよ」と他人に進めるときの動機は、この辺りから出てくるのだと思うのですが、なぜ「何かが変わった」と思うのでしょうか。

コーチングを単なるスキルだとすれば、たとえばプレゼンテーションのようなビジネススキルと同じわけですから、何か大げさな気もします。だって、ビジネスプレゼンテーション講座を受けて、自分の人生が変わった!などという体験はなかなかなさそうですもんね。

たしかにコーチングは「スキル」です。だからある程度練習すればコーチングを行うことは可能です。でも、それがコーチングが持つ本来の効果を生み出すかは微妙なのです。型通りに行えば、クライアントに何かしらの気づきを与えることは可能かもしれませんが、それだけでは本来の効果があったとは言い切れないのです。

 

コーチングは単なるスキルなのですが、そのスキルを使うコーチ自身の内面にコーチングの効果は失わせる原因があります。その原因を取り除かないとコーチングが持っている本来の力が発揮されないのです。

コーチは相手(クライアント)の能力を引き出す役割を負います。その能力はクライアントが本来持っている能力であって、コーチが持っている能力とは違うものです。ひとそれぞれに異なる能力を持っているからです。

その自分とは違う能力を引き出すときに、相手の能力を否定したらどうなるでしょうか?

当然、引き出す前に消えてしまうでしょう。だから、コーチはまず相手の能力を認めなければなりません。

でも、不思議と人は自分と違う考え、自分と違うやり方(行動パターンなど)を否定しがちです。否定する論拠は自分の考えている基準と違うからということ。自分とは違う、ただそれだけで。

否定まではしなくても、自分のやり方を押し付けたり、自分の考えている方向に誘導したりと、コーチングのスキルを使っているにも関わらず、コーチングの効果が出ないということが起こるのです。(正確にはスキルも使えていないはずですけどね)

 

コーチングを学ぶ過程で、言い換えるとコーチになるまでに、自分の内面にある「相手を認めない」などの身勝手な自分を発見しながら、コーチになるための基本的なスタンスを身に着けていきます。

これが「自分の中の何かが変わった」の正体なのです。

もちろん良い方向に変わったと自覚していればこそ、「コーチングっていいものだよ」と他人に勧めたくなるんですね。いわゆる「成長実感」と呼ばれるものを自ら体感したからこその言葉です。

 

あなたは自分の中の何を変えたいですか?

 

confidence photo