教える人も教わる人も勉強が必要なんです。

今日は天気も良く、明日の予報は雨マークですから、東京あたりは最後の桜の見ごろだったようです。

今朝は早朝研修の仕事が入っていて、しかも場所が桜の名所の近くでしたので、いつもよりも少し早く到着して誰もいない桜たちを独り占めしてきました。日当たりの良いところでは既に葉桜になっていましたね。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

今朝の研修でも話題に取り上げたのですが、物事を考える、スキルを習得する際には「視点」が大切です。これは実際に見えるもの(物理的な)と見えないもの(概念上の)に対する着眼点です。

 

例えば、コンビニのバイトに仕事を教えるとしましょう。

「多くの仕事を同時に進めなければならないので、言われたことをやるだけでなく、周りを見て優先順位を判断したり、自分で仕事を見つけてすすんでやってください」

という説明をする人もいると思いますが、これでは相手に伝わりません。「覚えの悪い子」と呼ばれる人たちには、特にです。

「周りを見て」とか「店全体を見渡して」といっても相手に具体的に何をしたらいいのかが分かりません。見渡したところで、次に何をしたらいいのかが分からないのです。
具体的に「店内に何人いるか?」「店前の通りは混んでいるか?」など、着目すべき点を伝える必要がある。お客の数が多ければ、まもなくレジが混みだすかもしれない、だからレジの応援に回ろうとか、店の前の通りが混みだしたら、それに伴って店が混みだすかもしれないので、早々に掃除を切り上げて次の仕事に移ろうとか。覚えのいい子は「周りを見て」で通じますけど、そうでない人も世の中には大勢います。

これはコーチングの技術を教えるときも同じ。コーチが着目しなければいけないことって沢山あるのですが、着目すべき点を学ばなければコーチングはうまくなりません。初心者レベルの時はクライアントとの対話の中で質問が出てこないのですが、クライアントの話の何に着目したらいいのかが分かれば質問できるようになるのです。

これを着目点や視点ではなく、質問集のような形で教えると大変なことになりますよね。だって質問なんて無数にあるでしょうし、その表現方法も人によってさまざま。(もちろん着眼点も個体差があります)

 

やり方を教えるのではなく、視点を教える。これが教える側に求められるのですが、教える方も実は明確に視点を意識しながら行っていないのです。もちろん何かに着目しているからこそ、優秀なコーチングを実践できているのですが、案外自分の視点は意識していません。つまり無意識に出来ているということです。

教わる側が覚えが悪いのは、教える側がその人に合った教え方をしていないから。でも、それを棚に上げて相手の無能っぷりを嘆く人は少なくありません。要するにどっちもどっちなんですけど。

「名選手、名監督にあらず」とはよく言ったものだと思いますけど、若いころは名選手を目指し、歳を重ねて部下を持つようになるころには名監督を目指したいですよね。

 

あなたは名選手?それとも名監督ですか?

 

baseball coach photo

Photo by XU, YOU-DE

One thought on “教える人も教わる人も勉強が必要なんです。

Comments are closed.