コーチも当事者になるべきなのに

今日は研修コンテンツ『コーチングの風景』のβバージョンを、信頼できるコーチに見てもらう機会を戴きました。全般的に好評で、いくつか戴いたアドバイスも参考になりました。

人と話すことでアイデアも湧いてきます。独りで考えていると息詰まることも多く、視野を広げるためにも必要なことだと改めて実感した次第です。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

コンテンツのレビューが終わった後には雑談タイム。話題に挙がったのはコーチとしての姿勢です。

コーチは人の成功を支援するのが仕事ですが、自分でも成功を目指している必要がある。でないと、成功を目指して頑張っている人の気持ちに100%の共感が出来ないからです。

ところが、人の応援をするだけで満足しているというか、コーチ自身も何か起こそうという気構えを持った人が意外と少ないかもしれない。

これは私の感覚ですが、本当にそういう人が多いなと思うのです。

コーチングを受けるとき、私はそのコーチに共感できるかどうかで決めます。自分自身で考えて行動を起こしている人でないと私は共感できないのです。どんなに立派な言葉も行動が伴っていないと受け手の心に響かないものですからね。

どんなに些細なことでもいいのです。自分自身も何かに挑戦しているということが大切なのです。成功を目指す人を応援する傍らで、コーチも何かの山頂を目指す当事者であるということ。

 

このことは私自身に跳ね返ってくるわけですね。ですから、傍から見たら大したことではないかもしれないけれど、いつでも挑戦する姿勢は持っていたいと思います。

 

mountain photo