どうなるか分からないと不安?それとも楽しい?

先日お知らせした5月7日(土)の『コーチングの風景』正式リリースに向けて、バタバタと作業を続けております。

コンテンツの最終確認(および修正)と概説書の作成、ユーザーグループの会員規約やホームページの作成と、項目数を見ると間に合うのかと不安になりますが、ともかく鋭意作業中でございます。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

誰でも何かを成し遂げたいとか、自分もやりたいことを見つけたい思っている人は結構多いと思います。

そういう人たちと話をすると必ず「でも、何をしたらいいんだろう?」という悩みも抱えているようで、「何かしたいけどやりたいことが見つからない」というモヤモヤ感を味わっているみたいですね。

私が書いた記事ではありませんが、そんな人に参考になりそうな記事を見つけたのでリンクを張っておきます。

取り組む価値のある5つの個人プロジェクト

記事中の項目だけ引用しておきますね。

  1. 「仕事の依頼につながるかもしれないクレイジーなアイデア」プロジェクト
  2. 「やりたいことを思いっきりやるんだ」プロジェクト
  3. 「行き詰まりを打破する」プロジェクト
  4. 「アーティストの道具箱をそろえる」プロジェクト
  5. 「休暇旅行をより一層楽しむ」プロジェクト

何か参考になりそうなものはありましたか?

 

プロジェクトというと何か組織で行うもののような印象を受けますが、独りで勝手に取り組むことも立派なプロジェクトです。

私の『コーチングの風景』は1番に当たるのかもしれません。売り物になる研修コンテンツを無償配布するわけですからね。我ながらクレイジーだと思っています。

実際に思い描いているような成果が出るかどうかわかりませんが、応援してくれている人たちもいますので、やれるところまでやってみるつもりです。

独りで取り組むプロジェクトには、「かくあるべし」というルールはありません。むしろ「えぇ、ホントに?」と言われるくらいの取り組みの方が応援してくれる人も増える気がします。自分ではやらないけど、やる人が居るなら応援するよ的な感じで。

ルールはないけど、ひとつだけ決まり事を挙げるとすると「自分が楽しいと思える」ことが大切かもしれません。ではない続きませんからね。

どうなるかは誰にも分かりませんが、今後の展開を気に掛けていただけるととても嬉しいです!

 

得られる結果が分かっている安心感と、結果が分からない楽しさ。

あなたはどちらを選びますか?

 

project photo