一見関係なさそうなところから学ぶ

連休中にも進めなければならない作業がある。けれど、進まない。言い訳に過ぎないけれど、うまく気持ちの切り替えができないのですよ。

私の場合はたいてい、締め切りギリギリになることで「切り替えスイッチ」がオンになります。

何が言いたいかというと、7日(土)の研修コンテンツ『コーチングの風景』の公開日が目前に迫っていて、明日あたりからオンになりそうということ。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

何かをつくろうと思うとき、事前に調べ物をすると思います。作り方とか、材料とか、参考になりそうなものを探すわけですね。でも、どんなところから情報を手に入れるかが大切なときがあります。

ということで今日は研修制作の参考にした、もしくは参照はしなかったけれど制作に影響を与えたであろう参考図書を記しておこうと思います。

  • 芳沢光雄(2005)『数学的思考法 説明力を鍛えるヒント』講談社(講談社現代新書)
  • 沢田充茂(1976)『考え方の論理』講談社(講談社学術文庫)
  • 齋藤孝(2012)『齋藤孝の聞く力』大和書房(だいわ文庫)
  • M.J.アドラー、C.V.ドーレン(1997)『本を読む本』講談社(講談社学術文庫)
  • 外山滋比古(1986)『思考の整理学』筑摩書房(ちくま文庫)
  • 外山滋比古(2015)『思考力の方法 聴く力篇』さくら舎
  • G.ポリア(1954)『いかにして問題をとくか』丸善出版
  • 内田和成(2010)『論点思考』東洋経済新報社
  • 森田真生(2015)『数学する身体』新潮社
  • 福嶋隆史(2010)『考えがまとまる、伝わる、説得力がアップする!「ビジネスマンの国語力」が身につく本』大和出版
  • 細谷功(2007)『地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」』東洋経済新報社
  • 細谷功(2009)『地頭力のココロ 本質を見る問題解決能力を育てる物語』ソフトバンククリエイティブ
  • 細谷功(2014)『具体と抽象 世界が変わって見える知性のしくみ』インプレス
  • 保坂和志(2003)『書きあぐねている人のための小説入門』草思社
  • 成冨ミヲリ(2015)『絵はすぐには上手くならない デッサン・トレーニングの思考法』彩流社
  • 田口茂(2014)『現象学という思考 <自明なもの>の知へ』筑摩書房(筑摩選書)
  • 谷徹(2002)『これが現象学だ』講談社(講談社現代新書)
  • 吉田章宏(2015)『絵と文で楽しく学ぶ 大人と子どもの現象学』文芸社
  • J.ピアジェ(1968)『思考の心理学』みすず書房
  • フランス・デゥ・ヴァール(2010)『共感の時代へ 動物行動学が教えてくれること』紀伊國屋書店
  • 山岸俊男(1998)『信頼の構造 こころと社会の進化ゲーム』東京大学出版会
  • サトウタツヤ、北岡明佳、土田宜明(2014)『心理学スタンダード 学問する楽しさを知る』ミネルヴァ書房
  • 鹿取廣人、杉本敏夫、鳥居修晃(1996)『心理学 第4版』東京大学出版会
  • 服部雅史、小島治幸、北神慎司(2015)『基礎から学ぶ認知心理学 人間の認識の不思議』有斐閣ステゥディア
  • 古宮昇(2012)『プロカウンセラーが教える はじめての傾聴術』ナツメ社

順番を考えずベタ打ちしたのでランダムに並んでいますが、コーチングの研修をつくるのにコーチングの本はゼロです。

私がプロコーチで在り、コーチングの知識があるということも多少は関係ありますが、基本的には他の分野の考え方や知識をコーチングに持ち込んで作ったのが今回の研修コンテンツです。

大きな理由は、既存のコーチング研修と同じようなものにしたくなかったことと、他の分野からの方が学びが大きかったからです。同じ分野の知識を掘り下げるという手法もありますが、このような方法もあるということですね。

ということで、あなたの仕事も他の分野を参考にすることで思わぬ広がりを見せるかもしれませんよ。

 

other photo