コーチングを盲信すると自分自身が苦しくなりますよ!

コーチングは魔法の杖ではありません。

よく聞く言葉ですが、どういう意味なんでしょうね。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

「何でもかんでもコーチングっていうのは受け入れられない」

よくマネージャ研修でコーチングを教えていると、こんなことを言われるのです。

私もその通りだと思います。何でもかんでも「コーチングで解決!」という人がいます。先の言葉は、こんな考え方に対する提言なのだと思います。

 

コーチングそのものは素晴らしいものです。人材育成でも強力な武器となってくれるはずです。

ただね、、、会社でマネージャが使うときには問題点もあるのです。

それは、相手の気づきを待っている仕事とにならない、ということ。

仕事には必ず納期があります。時間的な制約事項が「気づき」が生まれるまでの時間と利害関係を生んでしまうのです。

会社でマネージャが仕事の一環で使うのであれば、仕事を優先すべきだと思います。

だから、相手の気づきを待っていられないときは、納期優先で教えてしまったほうが早いです。

 

でも、ちょっとだけ。。。

ちゃんとその意図を伝えましょうね。

「ごめんな。今日の夕方までに確実に終わらせなければいけないので、今回は教えたとおりにやってくれるかな?」

口頭で伝えたら5秒くらい。たった一言添えるだけでいいのです。

要するに「今回は特別だよ。ほかの時はあなたの気づきやあなたの意思を尊重します」ということが部下に伝われば信頼関係は壊れません。

プロのコーチはこの限りではないのですが、マネージャが仕事として行うコーチングですからね。これで十分なはずです。

プロのコーチが行うコーチングは、クライアントと「コーチングを行います。あなたはクライアントで、私はコーチです。コーチは~」と説明し、合意(契約)をしてから行うので問題ないのですが、日常生活すべてにコーチング!と思わないほうが身のためです。時として信頼を損なう場合だってあるのですから。

 

会社だけでなく、日常生活でコーチングを意識しすぎると副作用もあるわけです。

例えば、子育て。

「子育てコーチング」を否定するわけではないのですが、何でもかんでもコーチングと思って子供と接しないほうがいいということです。

「怒らないで、叱る」というのは正論です。でも、絶対に怒らないというのも考えものです。

子供にとって一番身近な人間が家族です。家族の中の子供は社会から守られた状態です。

でも、子供が大きくなるにつれて社会と接する機会が増えます。親の知らない子供だけの世界を持つようになるのです。

きっとそこでは人様の感情にさらされることもあるでしょう。

もし、その子が他人の感情に対する免疫を持っていなかったら、どうでしょうね。

怒った相手に対する対応とか、少しずつ覚えていくのも成長過程です。

なのに、一番身近な人間が怒らないって。。。

年がら年中怒ってばかりも問題でしょうけど、まったく怒らないのも問題なのだと思います。

 

そもそもの話、私の親はコーチングなど知りませんし、怒って顔を引っぱたかれたこともあります。

コーチング的に子育てしなければ良い子が育たないのであれば、そんな親に育てられた私は(そして兄も)ろくでもない人間だということでしょう。

ちなみに兄も私も、きちんと働いて、社会生活を送っております。

 

dfcf4300f5375c6dee7a8aca3fc7a338_s