抽象化の技術で書かれていないことを読み取る

昨晩はコーチングの勉強会に参加してきました。日々勉強です。

勉強会自体も盛り上がったのですが、そのあとの飲み会も大盛り上がり。

楽しいひと時を過ごせたこと、新たな出会いがあったことに感謝です。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

今日は、その昨晩参加した勉強会で気づいたことを書きます。

まずワークの内容は、ビジネスの現場のケーススタディからコーチングの戦略を検討していくというものです。

5,6名ずつのグループワークでしたが、私と同席になったのは5名で、そのうち3名が経験のあるプロコーチでした。

ケーススタディを読んだことがある人は分かると思いますが、ある程度一般化された事象が書かれていて、そこから具体的な心情や取るべき行動などを読み込んでいくことになります。つまり書かれていないことをどれだけイメージできるかが一つのカギとなるわけですね。

ケーススタディに書かれている内容から書かれていない事柄を見つけ出すのに、抽象化のスキルが大切なのです。

例えば、他者への働きかけ。今回取り扱ったケースでは、クライアントと設定されている中間管理職が上司に対しても部下に対しても管理職としての働きかけをしていないことが問題でした。ケースには人物がしたことしか書かれていませんが、していないことが読み取れたのですね。

この「働きかけ」という言葉は同席したコーチの表現で、私はそれを「責任」と表現していました。結果としては同じことを言っているのですが、おそらく両者の頭の中のイメージや論拠となる考え方も少し違うのだろうなと思っています。

この辺の違いを感じ取れたところが面白かったのですが、いずれにしてもケースで描かれている事象をどのように抽象化して捉えたかが違いの原因です。

抽象化の技術は人間の思考の特徴です。そして、どのような観点で抽象グループを作り出すかが、その人の個性でもあるのです。だから最終的なイメージも大切ですが、その抽象化をしていくプロセスも興味深いのです。

研修コンテンツ『コーチングの風景』でも、この抽象化のスキルを扱っていますが、まだまだ改善の余地が残っています。人間の頭の中で当たり前のように行われている(出来ないと言葉が読めない/話せない)のが抽象/具体の技術なのですが、人によりレベルというか得手不得手があるのも事実です。改善の余地というのは、これを簡潔に説明できるほど煮詰められていないということです。

『コーチングの風景』は、まだ始まったばかりのプロジェクトです。これから多くの知恵を集めて、誰もがコーチングを習得しやすくできればいいなと思っております。

 

acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_s