法人とのコーチング契約では守秘義務をどう扱えばいいのか

月末締め切りの原稿も提出したので、気分は晴れ晴れ。

月末の支払いを済ませて、手元に残ったお金を見てげんなり。

今日は落差の大きな一日でした。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

昨日は契約主(コーチングの依頼主であり、支払いをしてくれる人 = スポンサー)とコーチングを受けるクライアントが別人物だった場合の話を書きました。

法人契約ではほとんどがこのパターンだと思いますが、以前私は大きなミスを犯した経験があります。

プロとしてお恥ずかしい話ですが、誰かの役に立つかもしれないので書いておきます。

 

もうだいぶ昔の話ですが、企業の社長からの依頼で社員にコーチングを提供するという機会がありました。ひとつの契約で十名くらいのクライアントだったのですが、私にとっては大口の契約になります。

当時の私はコーチングの守秘義務を、法人契約の場合でもそのまま当てはめていました。それまでは問題になったことが無かったからです。

で、問題の起こったこの会社との契約ですが、クライアントとの守秘義務があだとなったのです。

社長から依頼があったということは、その社長は私を信用してくれていたということです。この部分は良い事だったのですが、社員の方々は私のことは知りません。初めましてなので、そこには信頼関係がゼロの状態です。さらに言えば「社長が連れてきた人」という存在でもあったのですね。

10名もいれば、社長との関係もそれなりにバラツキがあります。そして私との相性も人それぞれ。

今でもそうですが、100%誰とでも相性が良いという人は居ませんし、プロコーチと言えど私も例外ではありません。そんな中で、コーチングの説明を事前に行い、合意を得てからセッションを開始したわけですが、10名すべてが私の見方になってくれるわけではありませんでした。セッション開始後1月を過ぎたあたりから何名か(後でわかるのですが2名程)が、私の「アンチ」の存在になったわけです。

 

それから1,2カ月間、そのアンチたちが社内で動き回って、コーチングをやめさせようと画策したのですが、それが結構巧妙で役員レベルまで動きが広がっていたのです。

そうなると社長も困るのですが、彼が一番困ったのは私とクライアントの間でどのようなやり取りがあって、どのような成果が出ているのかが分からなかったことです。しかもクライアントの個人的な部分も含めて話をしていたので、社長に訊かれても状況を正確に伝えないクライアントもいました。それでも半数は私の見方になってくれたのですが、どうもうまく伝わらず、結果的に社長もアンチを抑えきれずにコーチング契約は解除になりました。(今でも社長に迷惑をかけたなと心苦しく思っています)

だいぶ端折って書いているので伝わらない部分もあると思いますが、守秘義務が話をややこしくしてしまったことは事実です。

 

今なら別のやり方をします。(しています)

まず、契約主(スポンサー)に十分コーチングを理解してもらい、クライアントの意志で秘密にしてほしいことは契約主には伝えないことを認めてもらいます。そのうえでクライアントにコーチングの説明をし、基本的には依頼主にセッションの内容、状況を報告する義務をコーチが負っていることや、クライアントが秘密にしたい部分は依頼主に伝えないことも可能だということをきちんと説明をします。

これがないと、契約主(今回の例では会社)とコーチが信頼関係を結べませんし、クライアントとの信頼も守れなくなるのです。

個人で申し込まれたクライアントには通常の守秘義務をもってセッションを行いますが、法人契約はクライアントとコーチ以外の第三者が存在するので、このような手続きが必要となるのです。

 

 

4c7df2549ffc9b2e833e502604b37498_s