求めるべきは評価か満足か

最近、意見のとりまとめや利害調整などの調整役を担っていたのですが、昨夜で一段落しました。

まだ作業は残っていますが、やはり調整ごとは神経を使うのですね。

おかげでひと仕事終わった後においしいお酒を味わえました。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

最近、いろんな人がいるなとつくづく思うのですが、違和感を感じる人たちに共通する特徴が見えてきたので書いてみます。ちなみに、自分と違うタイプだから違和感を感じるだけで、別にいいとか悪いの話ではないです。

欲を満たすのは、すべての人間に共通する行為だと思います。「欲がないね」と言われる人ですら、何かしらの欲があって、それを満たすことがその人の行動の一つになっているはず。

ただ「欲がないね」という場合の欲は、金銭欲、物欲だったりすることが多いのかもしれませんが、今日書いているのはそれに限った話ではないのです。

 

「欲」そのものよりも、その欲を満たすものがどこにあるかということ。

自分の中にあるもの。自己成長とか、単純に自分がやりたいことをやっている人はきっと、自分の中にあるものがそれを満たしているのだと。

逆に自分の中にないもの。他人からの評価とか、金、権力などですね。そういうもので満たされる欲を多く持っている人は、自分の中に軸を持っていないことが多いようです。

私が「いろんな人がいるな」といったのは後者の方ですね。こういい共通点を持っていることが多いと感じます。

承認欲求は誰でもあると思いますが、それが目的化すると違和感を感じるし、そういう人は「自分をわかって!」というメッセージを言葉にしないまでも言動の端々に感じます。

自分の中から満たすことができるのならば、他人に惑わされることもないし、もっと楽に生きられるのだと思うのですが。

 

特段のオチはないのですが(いつものことか・・・・)、日々感じている違和感が少しだけ頭の中で整理できたので書き残しておきます。

 

cfa071e29c08d0f6b1b658f5688bb1ac_s