悪筆矯正の副産物?

悪筆の原因となっているペンの持ち方を矯正しています。

長年染みついた癖を直すのは大変なのですが、試行錯誤しながら奮闘している最中です。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

正しいペンの持ち方で文字を書くという作業を続けていましたが、最近は○△□などの図形を書く練習をしています。いまは○を中心に。

ペンの持ち方が悪いとペンに均等な力が入らないのですが、正しく持てばあらゆる方向にペンが動かせるような力加減ができるようになります。

それで、正しい持ち方をするのですが、その時に手に力が入らなくなります。正しい持ち方をしていれば本来使う手の筋肉が鍛えられていないためです。

今現在は、手に力が入らないため○すらうまく書けない状況なのです。だから○を書く練習をしていればそのうちに必要な筋力がついてくるはず、という仮説です。

 

始めは原稿用紙などに書いていたのですが、最近はスケッチブックに書いています。

○だけを書くというのは退屈なので、時折絵を描いてみたり。とにかく飽きずに根気強く作業を続けることが大切だと。

その副産物として、時々描くスケッチがあります。まだへたくそなのですが、字だけでなく鉛筆ドローイングなどもいいなと思っております。

とくかくペンの持ち方をなんとかせねば。(絵を描く/文字を書くは、ペンの持ち方が違いますけど)

 

P1000008