最近、どんな本を読んでいますか?

今日は夏至ですね。梅雨も半ばというところでしょうか。

雨が続くと外に出たくなくなります。

そんなときは読書はいかがでしょう。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

今日はこんな記事を読んで、思いついたことを書いていきます。

 

ビル・ゲイツなど、大富豪の読書量は、年収300万円の人の38倍「でも、有名になりたくて、仕方がないミーハー著者の本を読んでも何も変わらない。」

 

本を読む目的は様々でしょうけど、ビジネス書などは知識を得るために読む人が多いのかもしれませんね。

でも、知識を得るばかりではそれほどあなたの価値は高まりません。大切なのは、自分のものにすること。

そのためには自分で考えながら読む必要があります。「考える」ことと「感想」は違います。

本に書かれていることには、既に知っていることもあれば、今まで知らなかったこともあります。

自分が知らなかったことに出会った時が勝負です。

ただ単に言葉として頭に入れるのではなく、知らなかったことを自分の中で概念化するのです。

そのためには本に書かれていることを鵜呑みにせず、問いかけながら読むことが大切なのです。

 

ここに書かれていることは本当なのか?

自分の体験や感覚と合致するものか?

具体的にはどういうことか?

自分の環境に当てはめるとどういうことになるのか?

つまり、どういうことなのか?

 

などなど、本や読んでいる自分と対話することが必要になります。

問いかけの答えを探すうちに、だんだんと自分の中でイメージが固まり始め、自分の中で新たな概念が生まれるのです。この作業が大切で、これがあなたの価値を高めてくれます。

 

ちなみに先の記事の中に出てくる「本を読む本」は、私がここで書いていることを教えてくれる本です。古い本なのですが、現代にも通じるとても重要なことを教えてくれる名著ですのでおススメです!

 

5c4590f7d9c7016f084f2722344cba4d