メールを見ないのは身勝手な行為なの?

大したことではないのだけれど、最近ストレスが溜まることがあります。

それは仲間との仕事上のコミュニケーションです。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

何がストレスになっているかというと、一緒に仕事をしているのにもかかわらず、こちらからの連絡に何の反応もないことです。

別に無視されているのではないのですが、こちらからの連絡を相手が見ていないということ。

いわゆる「既読スルー」ではなく、「未読」のままなのです。

 

メールであれ、Facebookでのやり取りであれ、見てくれなければ話が進みません。もちろん、メールやFacebookを通じて連絡を取り合うのは合意済みです。

急ぎの用事なら電話でもなんでも相手を捕まえますが、相手が複数(多数)だったりすると連絡手段を日ごろからチェックしてもらわないと困るわけです。(どうしてもというときは個別に連絡を取りますけどね・・・・。最近も一件ありました)

私が困るだけ?いや、相手も困るはずです。仕事ですからね。

 

今どき、一人でできる仕事は限られています。組織に属するのを嫌がって独立した個人事業主だって、結局は他者の協力なくして仕事は成り立たないのが現実です。

だからこそ、コミュニケーションが大切になってきます。

先の話は、個々には高いコミュニケーション能力を持っている人たちです。

でもね・・・・。

 

コミュニケーションが取れないだけでなく、日ごろからメールを見ていないとか、Facebookでのやり取りを見ないとか、その他なんでもいいのですが「見ていない」という人たちは、どのように情報に接しているのだろうか。

細かなことは気にしない。

べつにメールやSNSだけが情報の接点ではない。

そうなんでしょうけどね。でも、有効な情報収集手段のひとつだと思うのですよ、今どきの。

 

用件があるときは自分から連絡する。それ以外は外部からの情報を遮断する。

そういうなれたら楽なんだと思うけれど、きっとなれない。

それが私の性分だからです。

 

誰かが自分に連絡を取ってくれるということは、自分が必要とされていることの証。

自分を必要としてくれている人からの連絡を無碍にはできないのですよ。

 

b777f8b830e8e1c3bf8c0d73236e7f53_s