英語なんて適当でも通じるのか?

風邪の症状は治まったものの、まだ喉が痛い。

もう一晩、ゆっくり寝ようと思いつつ、今夜はウィンブルドン1回戦(錦織圭)の中継があるんですよね。

眠れない・・・・。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

今日はこんな記事を読んでインスピレーションを得たことを書いていきます。

「微妙な英語力」でも世界で活躍できるワケ(東洋経済オンライン)

 

先日ふとしたきっかけで、英語をどうやって学んできたかという話になりました。

きっかけというのは、ビジネスで海外とのメールのやり取りをどうするかという話でした。

幼少の頃から英語に触れる機会があった人は自然と英語を身に着けたようですが、私の場合はそのような体験も海外留学の経験もありません。

自分の中で一番役に立ったと思っているのは大学受験中に通った予備校の授業でした。

品詞分解を基本とした英文読解でしたが、その頃の私の学力でも何とかついて行ける内容で、細かなことはすべて忘れてしまいましたがとにかく主語と動詞を見つける癖だけはついたのです。ただ、自動詞と他動詞の区別はしていなかったので、かなりいい加減極まりないものですけど。

それが何となく英文の解釈と英作文にも役立っていて、外資系でも(これまた何となく)メールの読み書きができる程度にはなっていました。

初めて海外とメールのやり取りをするとき、英語に自信がなく周りの人に英文を添削してもらおうとしたのですが、忙しい(面倒くさい?)ためか誰もしてくれず、3人くらいに断られたとき皆同じことを言っていたのです。

「大丈夫だよ。伝わらないときは向こうから『何言っているかわからない』と言ってくるから」と。

なんともいい加減なアドバイスだと思いましたが、いざメールを打ってみると本当だとわかりました。

幸い「わからない」とは返ってきませんでしたが、あいまいな部分は「これって○○ってこと?」と聞いてくるので、また説明のメールを打ち返す。そうしながらコミュニケーションは成立していたのです。

まぁ、米国本社と日本支社の社内コミュニケーションだったからという事情はあると思います。

間違いを恐れて何もしないよりは、「安づるよりも生むが易し」の精神で行動を起こすことも必要ということですね。

後にわかるのですが、アジア諸国の支社の人たちとメールのやり取りや会話をする機会を得たとき、文法の間違いなんて気にせず話している人が多いことも理解できましたので、外国語の習得はアウトプットが重要だということなんだと思いますね。

 

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s