コーチングが当たり前の世界

たまに神社仏閣とか文化財に落書きがされたニュースが流れてきますよね。

最近も天然記念物に登山用のくさびが打ち込まれていたり。

禁止のルールがなくてもダメなことだと分かりそうなものですが・・・・。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

基本的な話ですが、みんながマナーを守っていればルールなんていらないのですね。

電車内での携帯電話の通話をするとか、マナーの段階で治まっていれば規則にはならない。

簡単なことです。

 

でも、簡単じゃないんでしょうね、一部の人には (^^;

 

話は変わりますが、会議でみんなが発言をし、互いの意見をきちんと聞き、互いの意見を尊重しながら話し合いがまとまるのであれば、ファシリテーションスキルを持った人=ファシリテーターは不要なのです。

でもファシリテーションスキルはビジネスの分野でも着目されています。

ということは、、、なんですね。

 

コーチングも同じことだと思います。部下の意見を無下にせず、きちんと話を聞き、質問を交えて部下に考えさせる。意見を引き出し、行動を促し、その行動の結果から学ばせる。

これができていれば、ビジネスの現場でコーチングが注目を浴びることはなかったのでしょう。

 

完ぺきではなかったけれど、私が若いころにはそういう上司や先輩が身近にいて、失敗を見守りながら私を育ててくれました。今こうして偉そうにブログなんて書いているのも、そうした上司や先輩のおかげなのです。

でも、何故だかわからないのですが、今どきはそういう人が減ってしまっているのかもしれません。

だからコーチングの出番がやってきたということでしょう。

 

私が起業するときに、とある方から言われた言葉があります。

「大森がコーチングで食っていけるのなら、世の中が狂っているってことだよな」と。

コーチングなんて言葉はなかったけれど、そうこうことは昔の先輩後輩の間では当たり前だったとおっしゃっておりました。

当たり前だったかどうかは今となっては判別不能ですが、私の経験値からするとおっしゃっている意味はわからないでもないのです。

自分が失業するのはとてもとても困るけれど、そういう当たり前の世界が戻ってくることを祈っております。