ブログは無理やりでも毎日書くべきか、それとも無理せず質を向上させるべきか

ブログを毎日書くということは、モチベーション低下とどう向き合うかが大切になるのかも。

毎日気力がみなぎっているということは考えづらく、どうしても書きたくない日が出てくる。

そんなときはどうするか、ということなんだと。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

人によって違うのだとは思いますが、無理やり続けるか、無理せず書かない日を作るか

という選択肢になるのではないかなと思うんですよね。

私の場合は、書かない日があるとそのままずるずると言ってしまいそうなので、

無理やりでも書くという選択をしています。

 

でも、本当は書かない日があってもいいのかも。

そう思う一番の理由は「どうでもいいこと」を書き続ける可能性があること。

実際、このブログもどうでもいい投稿がたくさんあります。

SEO云々と、ブログのアクセス数を狙うのであれば優良な記事をたくさん書く必要が

あると思っていますが、無理やり毎日書き続けることで優良でない記事が無駄に増える

ということになるのでしょう。

 

このブログはどうかというと、毎日書いている割にはアクセス数は本当に微々たるもの。

アクセス数増加を狙うのであれば何か対策を打つ必要があるのでしょうね。

そりゃ読んでくれる人が沢山いるに越したことはないのですが、このブログの場合は

アクセス数よりも、私自身が毎日書く、継続するということを最優先にしているので、

今はそれでもいいかなと考えているところです。

 

そんなことを差し引いても、私は優良な記事を狙って書けるような文才はない。

ならば質よりも量をこなそうという考えもあります。

良い記事を書ける人は週一回でも定期的に書くことで一定以上のアクセス数は見込める

と思いますから、そうした方が絶対にいいと思いますよ。

 

そうでない人は、毎日書くことをお勧めします。こんなブログでもアクセス数は

多少なりとも伸びたのは事実ですから。

そして、こうして今日もどうでもいい記事を生み出しているわけですね(笑)

 

ea33b80928f01c3e81584d04ee44408be273e7dd1db6174796f0_640_challenge