自分について(3)

留年したばかりに1年遅れで入社することになった会社。いろいろ考えた結果だったけど、そこに至った理由を書いてみたいと思う。

当時は外資系企業は人気がなかった。日本企業の方が安定しているというのが主な理由だ。でも私は外資系であるその会社を第一志望にした。企業選びの基準は外資系コンピュータメーカーであること。そして教育がしっかりしていること。この2点を満たす企業は私が調べた範囲では2,3社のみ。今振り返っても間違っていないと思う。その中でイタリア資本のその会社を選んだのは、なんとなくイタリアの雰囲気に憧れたから。最後の部分は確固たる意志があるわけでなく、まぁ適当だった。

就職活動1社目は練習のつもりで受けた住宅メーカー。とてもいい会社だったので内定を断るときに本当に心苦しい思いをした。2社目に受けた会社に魅力がなかったらその会社に就職していたのかもしれないし、私の人生もまた別のものになっていたのだろうと思うとなんとも言えない気持ちになる。これを書きながら改めてそう思う。

第一志望の会社は第3面接を受けた後に内定を戴いた。記憶が薄れているが、面接後に待合室で待たされて、そのときに告げられたはずだ。その時に「この会社を受けてよかった」と心から思い、それが1年遅れでも入社しようと思った理由になった。

人事部長から直接内定を伝えられた時に「大森さんはうちのほかに受けるの?」と訊かれた。今風ならオワハラみたいな質問だろうと考えたが、正直にここが第一志望で他社を受ける気はなく、それをそのままの言葉で伝えた。

すると「もっと他の会社も受けなさい」と。一瞬、えっ?という感じの返答をしたら、人事部長は話を続けた。

「若いのだから色々な可能性を試した方がいいよ。そして、そちらの会社の方が魅力を感じるのだったら、その会社に入りなさい。それがあなたにとってもいいことだと思う。そのときはうちの会社に魅力が足りなかったんだと諦めるよ。」と話してくれたその笑顔が忘れられない。(いつかにつづく)

 

Italy photo

One thought on “自分について(3)

Comments are closed.