英語を勉強する目的?

今日は立春ですね。春の始まり、一年の起算日として、今日は鎌倉にお参りしてきました。

早朝の仕事から参拝などを終えて、家に着いてから歩数計を見たら2万歩を超えていました。

朝は4時起きだったせいもあり、今日はぐっすり眠れそうです。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

改めて英語の勉強をしてみようと思って、勉強方法などをネットで調べてみたのですが、多くの方が「何のために英語を話せるようになりたいのかをイメージする」ことが大切だと言っています。要するに「学習の目的を持て」ということでしょうね。

○○ができるようになる為に英語を学ぶという感じでしょうか。確かに目的を持てるといいですよね。ブロンドヘアーの素敵な女性とデートしたいとか。

 

でも、思ったんですけど、単純に「英語が話せるようになりたい」でもいいんじゃないでしょうか?

「英語が話せるようになりたい」だけでもいいような。

もちろん「話せたらいいな…」程度ではダメなんでしょうけど、本気で「なりたい」という意思があればいいのだと。

目的に意味づけとかは必要ない時ってありませんか?

 

たとえば、サッカー選手になりたい、のような。どうしてと聞かれてもサッカーが好きだから。サッカーをやっていると楽しいから。何でもいいんですけど、サッカー選手になりたいということに、○○になるためにサッカー選手になるってあんまりないのかもしれない。

男だったら女性にモテたいという純粋(単純?)な動機もありますよね。よく聞く話ではギターリスト。中学や高校時代にモテたいという動機で始めて、そのうちにモテたいとかどうでもよくなって、純粋に「ギターがうまくなりたい!」という風に動機が変わる現象ですね。

 

英語(に限らずすべての外国語)が理解できるようになりたい、という純粋な動機もあるのだと思います。

もちろん、海外のドラマを字幕なしで観てみたいとか、そういう目的もあるでしょうけど、本当に学びたいんだったら目的なんてどうでもいいのかも。

では、そういう動機のない人はどうすればいいのかって?

うーん、別に英語ができなくてもいいのかもしれませんよ、本当のところ。仕事で必要だったら何とかするでしょうしね。

 

私の場合、一人でアメリカに出張に行って、現地スタッフと会話していて相手の言ってることが全然わからなかったとき、近くのブースにいた知り合いのスタッフに英語で「I need your help!」と言って助けてもらったことがあります。その知人はアメリカ人で日本語は話せません。だけど、藁にも縋る勢いで、英語を英語で通訳してもらう(?)というなんだかよく分からないことをしていました。

その知人は私が英語が苦手だと分かっていたので、相手の言っていることをゆっくり話しながらホワイトボードに図解で教えてくれたのでした。

 

話がズレちゃいましたけど、英語が話せなくても何とかなるし、本当に話したいと思っているなら多少つらいと思っても勉強するでしょってことです。

コーチングでも、クライアントに強い動機がないと目標に近づきません。クライアント以上にコーチが頑張ることはありませんし、最終的にはクライアントの意志がすべてなのです。

 

今、あなたを本気にさせていることは何ですか?

 

blonde photo