30代で老害って何なの?

今日は寒いので外に出る気になれず、家の中で半日ほど久しぶりの英語学習と記事翻訳の作業をしておりました。勉強すればするほど自分の課題が見つかってくるので、やることが増えるという悪循環というかなんというか。

自分のペースで、嫌気がささない程度に課題をこなしていきたいと思います。英語に限らず、何事も日々勉強ですね。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

先日「なぜ職場で“30代老害”社員が急増しているのか」という記事を読みました。

老害と聞くと、私の中では組織の中で高齢社員が時代にそぐわない価値観ややり方に固執して、新しい芽を摘んだり、成長の阻害要因となっているようなイメージだったのですが、この記事を読むと30代の若い社員の中にもそういう人が居るといっています。

確かにいますね。。。

実力の伴わない状態で後輩に偉そうに講釈を垂れている人は、私が会社勤めしているときにも居たし、独立していろいろな組織を見ている中でも存在しています。

 

高齢の老害と若年の老害の共通点は「能力不足」です。

この「能力」は分野や種類など多岐に渡っているので「この能力が足りないからだ!」と断定はできませんが、全体的に何か欠けている印象ですね。

どうしても漠然とした言い方になってしまいますが、おそらく「自己認識」と「観察」の能力が欠けているのではないかと私は思います。要は「身の程知らず」と「周りを見ない」が原因なのではないかと。

能力の高い人ほど「自分に充分な力がない」ということが分かってきます。自分のやりたいことややるべきことの全体像が掴めてくると、自分の能力に不足している部分がわかってきます。

 

それと同時に、全体の中での自分のことも理解できるようになってくるのです。こちらは経験とか精神的な成熟度も要素として加わってくるので、単純に能力の高さだけではないかもしれませんが。でも、己を知り、周囲への理解が深まれば、少なくとも自分の価値観を押し付けることがなくなるでしょう。

こうした人を何とかしようとするのは困難です。だって、そもそも「自分はできている」と思うのでしょうから、そこに疑問を持たない限り自ら学ぼうなどとは考えないのです。企業研修やコーチングを行う時も、厄介なのはこういう人です。

 

こういった場合は、本人の自尊心を傷つけないように配慮しながら、何とか「疑問」を持たせる努力をします。これは時間がかかる作業なので、1日の研修では難しいことも多いのですね。まぁ、30代の老害社員なら、多少手荒な気づかせ方も有りかもしれませんけど、研修が終わった後も自分がその人に関わりを持てるか、同等のフォローができる先輩社員がいるというのが条件でしょうね。(でないと、責任が持てません)

 

あなたは自分のことをどれくらい理解していますか?

 

oldman photo

Photo by Nicolas Alejandro Street Photography