あの頃に戻りたい?いや、今からでも遅くない!

今日は昼頃から雨が降るという予報だったので、なるべく午前中に用事を済ませておきました。

買い物に行ったり、図書館に行ったり、のんびりするはずの休日って結構やることが多いものですね。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

昨日の晩、唐突にコンピュータのプログラミング言語を覚えようと思い立ち、興味の赴くまま「C言語」という開発言語を学んでみることにしました。

今日、さっそく図書館に行って借りてきたのが「本当は怖いC言語」というタイトルの本です。なんだか恐ろしい感じの本ですが、読んでみたらそんなことはなく、文系の私でも努力すればついていけそうな本でした。

最初は開発方法とかではなく、言語の歴史から書かれていて、懐かしく読んでおりました。もともと私はIT系の人間なのですね。でも営業なので技術的なことは詳しくありません。それでも歴史の流れは理解できるので、なるほどそういうことだったのかと改めて理解することができました。

へぇ、あの頃は訳もわからずインストールしていた「.NET Framework」って、そういうものだったんだとか。

私がコンピュータに興味を持ったのは中学生のころ。当時はお金もなかったので、実際にパソコンを自分で手に入れたのは大学4年ころでした。Macintosh SE という機種です。モノクロ画面で今のスマホにも敵わない性能でした。でも、ハイパーカードという誰でもプログラミング(実際にはそんな大げさなものではないけど)のようなことができるツールで、いろいろと遊んでいました。

今回プログラミングを学ぼうと思ったのも、あの頃の楽しかった気持ちをどこかで取り戻したいのかもしれませんね。

仕事で使うわけでもなく、急ぐ必要も期限もないので、気ままに学び続けようと思っております。

 

あなたをワクワクさせた思い出は、いつ頃のことですか?

 

Macintosh photo

Photo by shaniber