目的意識と手段への意欲

一度切れた糸を、再びピンと張るのは難しい。

ブログの毎日更新が途絶えてからの自分の気持ちがそれです。

実質1週間近く休んでしまいました。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

さて、最近は英語の勉強をしているのですが、これがなかなか続かない。

続かない理由は、自分に欠けている知識を文法書など補おうとするのですが、読んでいる最中に眠たくなる。

学生時分に勉強をしていなかったツケなんですかね?

脳が勉強を受け付けないのです。。。

 

よくああいう風になりたいとか、こうなりたいという目標を立てますよね。

目標を持つことは大切なので、それ自体はとても素晴らしいことです。

でもね、その目標地点に到達するためにはそれ相応の努力が必要なのです。

目標達成のための手段ですね。英語であれば文法の勉強、単語力の増強、ヒアリング/会話力の強化などです。

英語を話せるようになりたいという目的をもって勉強をするが、英語の知識(文法や単語など)を知ろう、覚えようという意欲がないと英語が話せるようにならない。

別の言い方をすると、英語を話せる自分の姿を想像してワクワクするだけでなく、文法や単語を知ること自体も楽しいという感覚が求められるのかも、ということ。

「こうありたい」という目的意識が強くても、「やりたい」という意欲がないと目的はなかなた達成できない。

当たり前のことですが、目標を立てるときに見逃しがち。

 

普通は目標に対してコミットすれば、人間はおのずとそこに向かって努力をする。

こう思い込みがちですが、案外そこの到達するための手段を実践する意欲も確認する必要がありそうですね。

 

e030b20e2df71c3e81584d04ee44408be273e7dd1fb5164993f9_640_blackboard-grammar

知らないと損することは案外多い

夕方、すごい豪雨に見舞われました。いわゆるゲリラ豪雨ですね。

居た場所は外から少し奥まったところなのですが、それでも窓から雨が吹き込んで出来ました。

たまに外で回線をつないでセッションを行っていることがあるので、気を付けないといけませんね。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

唐突なんですが、海外ドラマにハマりました。

今まで興味があるものの、特段観たいと思うドラマがなかったのです。

でも観たいと思うドラマが見つかりました。『MR. ROBOT』です。

アメリカでシーズン2が始まったとツイッターで騒がれていたのを目のしたのがきっかけ。

 

ということでシーズン1から観始めるためにネットにアクセス。

するとアマゾンで観られる。しかもプライム会員なら無料。

初めて配送以外でアマゾン・プライムの恩恵を受けたかも。

 

最近はこうしてネットで優良コンテンツを観ることが出来る。(しかも無料!)

テレビも録画しておけば自分の好きな時間に見ることが出来ます。

この場合はCMをガンガン飛ばしながら観るので時間も短縮可能。

時代はこうして変わっているんだ、と改めて実感しました。

 

ところで、こうなると昔ながらのテレビCMというものの価値も変わってくるのかな。

広告主の企業も観てもらえないCMにお金は掛けたくないですからね。

とはいえ、面白いCMや迷惑なCMが話題になることも多いので

まだまだCMの価値は保たれているのでしょう。

 

変化だけでなく、その影響も見据えていろいろなことを考えていかないと

商売もいつのまにかルールが変わっていることも出てくるのでしょう。

ふと、そんなことを考えてしまいました。

あれ、海外ドラマの話が変わってしまいましたね。。。

 

45ac2b205fee9644c63beb78a71cc37f_s

自分で何かを生み出すことの価値

今日は参議院選挙でしたね。

私は昼過ぎに投票してきました。

娘も今年から選挙権を持ったので投票してきたようです。

選挙結果や政治についてはこのブログで書きませんが、気になるのは投票率の低さですね。。。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

自分は何もしないのに他人の作ったものにとやかく言う人っていますよね。

会社でも、アイデアやプロセス、試作品などに対してコメントをする人です。

他人が行ったことに対してコメントをするのは簡単なこと。

一番難しいのは、生み出す過程にあるのです。

 

別に「だから何も言うな」と言いたいわけではないのです。

生み出すことは難しいことですから、誰もができるわけではないのです。

でもね、そこに敬意を払った方がいいよと言いたいのです。

 

敬意を払っているかどうかはコメントの内容である程度分かるのです。

敬意を払わない人は、生み出す過程に興味がない。

 

選挙なんか国や政治を作っていく、生み出す過程の一つなんですよね。

その結果によって、その国が作られていくのですが、

ここに興味がないと言われると、ちょっと困るのです。

でも、選挙に行かない人もなぜか政治や政府がやることに文句をいうんですよね。

 

イギリスの国民投票のようなことが、わが国で起こらないようにしないと。

自分で考えること、自分の票の大切さ、そういうことを教えてくれたのですから。

 

17af4c51a0e574414ccbd4f0c7c81c1e_s