万人を満足させることは難しいけれど

今日は諸々の資料作成に追われていました。5月7日(土)の研修コンテンツ『コーチングの風景』の公開に合わせて、必要な文章作成があったからです。

まだ終わっていませんが、だいぶ見通しがつくくらいにはなったのでひと安心。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

何年か前になりますが、ある写真コンテストに出展をしました。200名近くの写真作品が展示されていたのですが、今日はその時のことを思い出したので書いてみます。

初日の午前中は一般入場者は入れない日程になっていたので、展示会場はがらがらでした。関係者は隣接のカメラ展にしか興味がなく、コンテスト会場にはほとん足を踏み入れなかったからです。

なので暇を持て余していたのですが、コンテスト会場の隅の方に人影が。よく見ると作品を一つ一つじっくり鑑賞している様子でした。しばらくその状況が続いて、とうとう私の展示場所に近づいてきます。隣のとなり、そして隣の作品。

いよいよ私の作品の前にたどり着いたのですが一瞥して次の作品に。

「あれ???」と心の中でつぶやくものの、状況は変わらず、そのままその方は作品を見続けていました。ひとつひとつじっくりと。

大げさに書いているわけでもなく、本当にそういう感じで私の作品だけは一瞬で去っていったのです。初めてのコンテスト参加で、いきなり洗礼を受けた瞬間でした。

人様に自分の作品を見ていただくという緊張感。本当に大丈夫だろうか、どんな評価を受けるのだろうか、批判されたらいやだな、という不安。

なんだかそんな不安が現実のものとなって目の前に現れてしまったようです。

午後になっても状況はあまり変わらず、私の両隣には人が集まるけれど、挟まれた私の作品には人がまばらどころか誰も見てくれません。

本当はそのまま作品を片付けて帰りたかった。その場にいるのも辛く、本当に悲しかったし、その時の気持ちは今でも忘れられません。

その後は、お一人興味深く見てくれる人が居て、嬉しくて思わず声を掛けたら写真関係の会社の社長でした。後でわかるのですが、いろいろな展示会にマメに顔を出されている方で、その後も何度か私の作品展示を観てくださっている方です。

別の日には写真評論家の方や、写真家の方からもご評価いただいたりしたのが、私の気持ちを楽にしてくれました。100人の素人に無視されても、1人のプロに評価されれば嬉しいのです。

なぜ素人に無視され、プロの方から面白いねと言われたのかは、その後に写真の勉強を続けることで理由が分かるようになりました。(今日はその話は割愛します)

 

何でこんなことを急に思い出したのか不思議でしたが、きっと研修コンテンツの公開と無関係ではないのだと思います。

正直に書きましょう。とっても不安です。。。

自分が一所懸命に作った研修コンテンツがどのような評価を受けるのか、または見向きもされないのか。

でもどこかで自信があるのだと思います。写真作品と同じ考え方を適応するならば、無視されたり、批判を受けても構わない。それでも1人でもきちんとわかっている人から評価されるだけで、気持ちは救われるはずです。

 

もうすぐ私が手掛けた、自分の子供のような研修コンテンツが世に羽ばたこうとしています。1人でも多くの方の目に触れ、その中に一握りの理解者がいてくれれば、それ以上幸せなことはないのでしょう。

 

fly photo

やみくもに努力したって報われない

今日は横浜に行ってきました。

目的は小学校造形展に娘の作品が出展されているので、娘と一緒に見に行くことと、大桟橋ホールで開催されていた「御苗場」を観に行くことです。

御苗場はプロもアマチュアも関係なく出展できるコンテストのようなもので、2012年には私も出展しました。

写真と離れてしまっていたので、今回は(おそらく)4年ぶりに足を運んだのではないかと思います。随分と雰囲気も変わったという印象ですね。

今回は以前の知人と会えたのが大きな収穫です。写真を続けていることで、作品だけでなくご自身も進化されているのが理解できました。それとともに「私は何をしているんだろう?」という自分に対する不甲斐なさや嫉妬のようなものも感じていました。

それでも前を向いて進むしかないので、途切れてしまったのは仕方のないこととして前進するしかありませんね。まずは2年くらいかけて作品を作ってみようと、思いを新たにしました。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

続けることの大切さは、ブログを通じても感じています。「たられば」はないのですが、それでも10年前のブログを毎日更新でなくても続けていたら、今とは違ったものが生まれていたのだろうと考えています。

このブログに関していえば、実質的に昨年12月から(実際には8月頃からですけど、ほとんど更新していません)始めたようなものですが、約3か月間、ほぼ毎日更新し続けました。

12月は3日、1月も3日間(正月)の無更新日がありますが、それ以外はすべて投稿しております。それ以前の投稿も含めると90以上の記事がブログ上に溜まっています。

3カ月の更新で、ほんの少しですが1日に2~5件程度のアクセスがコンスタントに入るようになりました。当初は誰も見てくれない「ゼロ」という日が続いておりましたので、有り難い限りです。

 

アクセス数を伸ばすことそのものが目的ではないのですが、今のところはPV数を目標値として考えているので、わずかでもアクセスがあるということは進歩だと感じています。今後数カ月は毎日更新を継続していく予定です。

ただ、現時点では「質より量」を重視しているのも事実ですので、「質」を重視したコンテンツを例えば Medium などに投稿していこうと考えています。(目標としては3月中旬~4月初旬に)

 

ブログなどのコンテンツは私という人間がいるということを知ってもらうために書いています。何をしているのか、どんなことを考えているのかなどなど、知ってもらうことが「次」のステップに繋がっていくと信じています。次のステップというのは「信用」です。私の今の行動の目的は多くの人から「信用を得る」ことなのです。

別に身の周りの人たちから信用されていないわけではありませんよ、念のため。しっかり信用されるだけの働きをしていますが、多くの人から周知されていないということが課題なのです。

 

どんなに優れたサービスを提供していても、信用がなければ人から相手にされません。そのサービスを使ってもらわない限りは優れた点もわかりませんし、使ってもらうには信用されないといけないわけですから。

私が思うに、コーチングは口コミが起こりにくいのだと。人に相談しづらい個人的な悩みを扱うことが多く、コーチングの受けた後に「私のこんな悩みが解決しました!」ということを公表する人が少ないという理由です。ですから、余計に口コミ以外から「信用を得る」手段が必要になるのです。

 

でも、SNSなどに押されていたブログも最近は再び見直されてきていますから、ブログを更新し続けたとしても、きっとその他大勢の中に紛れてしまいます。

最近はあまり聞かれなくなりましたが、レッドオーシャン(競争が激しいマーケット)・ブルーオーシャン(未開拓でまだ荒らされていない分野)の戦略で考えると、ブログは確実にレッドオーシャンだと思います。

プロのブロガーになろうとは思っていませんが、それでもブログ戦略で勝ち抜くための最大の要素は「続けること」です。これはこれで愚直にやっていこうと。

 

一方でブルーオーシャンの戦略も考えていて、高品質の研修コンテンツを無償配布するプロジェクトを4月から開始します。研修コンテンツって、無形知財なので結構高いんですよ。そしてブログのように誰もが簡単に始められる分野ではありません。それを無償で配布しようということです。

配布は手段であり、本当の目的はコミュニティを作ること。私のやっていることに共感してくれる人が集まれば、そこに信用が生まれるだろうという考え方です。だから可能な限り高品質のコンテンツと、集まった人に対して有益なコミュニティが必要です。(コンテンツは昨年8月頃から半年間以上かけて鋭意制作中!)

ふたを開けてみなければ結果は分かりませんが、いまのところ周囲の反応は良好なので、時間を掛ける意義のあるプロジェクトだと感じています。

 

どんな分野であっても成功を目指すなら、努力するのは当たり前です。その努力を無駄にしない、つまり無駄な努力を積み重ねるのではなく、目的にかなった努力をするためには明確な目的と戦略が必要ですからね。まだ偉そうなことは言えないのですが…

 

今のあなたの努力は、目的に向かっていますか?

 

slip photo

変わるものと変わらないもの

突然ですが、森山大道という写真家をご存知でしょうか。おそらく写真に興味のない方は知らないと思いますが、世界的にも評価が高い日本の写真家です。

私がモノクロ写真を始めたのもこの方の影響が大きいのですが、雑誌 BRUTUS 3月1日号で特集が組まれていますので、興味を持たれた方はぜひ読んでみてください。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

今日は写真関係の話です。

先日、写真を再開すると書き込んでから何日か経ちましたが、昨晩棚の奥から2年近く眠っていたカメラを引っ張り出しました。

ところが、必要な電池が手元にない。単三電池と「4LR44」という電池が要るので近くのスーパーに買いに行ったら、その4LR44がないのです。電化製品の売り場にもない。

あれっと思って調べると、今は作っているメーカーも減っているほどマイナーな電池でした。

そういえば、以前も結構マニアックな存在だったことを思い出し、仕方なく仕事帰りに専門店に直行して手に入れました。

今どきのデジタルカメラではなく、古いフィルムカメラですから仕方ないのですが、モノを大切に使っていこうと思っても部品がなくなるということが今後は多くなりそうです。

モノクロフィルムから印画紙にプリントするときに使う引き伸ばし機という機械があるのですが、こちらもその部品として使う電球がそのうちなくなるかもしれません。(まだ当面は大丈夫だと思いますけど)

オーディオの世界でもアナログレコードが見直されていますし、カメラもフィルムの楽しさが少しでも広がると、こうした事態も延命できそうですかね。

でも、最新の技術を持ってしても昔の職人さんの技には敵わないものって結構あるんですよ。カメラという機械もそんなものの一つですから、古い機械を大切にしていきたいと思います。

コーチングのようなコミュニケーションスキルに関わっていると特に感じるのですが、環境の変化への適応していくことと同様に、古くからあるものの意味を考えることで、ずっと変わることなく存在する価値や知恵のようなことが見えてくることがあります。

 

あなたがずっと使い続けたいと思うものは何ですか?

 

P1000003