法人とのコーチング契約では守秘義務をどう扱えばいいのか

月末締め切りの原稿も提出したので、気分は晴れ晴れ。

月末の支払いを済ませて、手元に残ったお金を見てげんなり。

今日は落差の大きな一日でした。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

昨日は契約主(コーチングの依頼主であり、支払いをしてくれる人 = スポンサー)とコーチングを受けるクライアントが別人物だった場合の話を書きました。

法人契約ではほとんどがこのパターンだと思いますが、以前私は大きなミスを犯した経験があります。

プロとしてお恥ずかしい話ですが、誰かの役に立つかもしれないので書いておきます。

 

もうだいぶ昔の話ですが、企業の社長からの依頼で社員にコーチングを提供するという機会がありました。ひとつの契約で十名くらいのクライアントだったのですが、私にとっては大口の契約になります。

当時の私はコーチングの守秘義務を、法人契約の場合でもそのまま当てはめていました。それまでは問題になったことが無かったからです。

で、問題の起こったこの会社との契約ですが、クライアントとの守秘義務があだとなったのです。

社長から依頼があったということは、その社長は私を信用してくれていたということです。この部分は良い事だったのですが、社員の方々は私のことは知りません。初めましてなので、そこには信頼関係がゼロの状態です。さらに言えば「社長が連れてきた人」という存在でもあったのですね。

10名もいれば、社長との関係もそれなりにバラツキがあります。そして私との相性も人それぞれ。

今でもそうですが、100%誰とでも相性が良いという人は居ませんし、プロコーチと言えど私も例外ではありません。そんな中で、コーチングの説明を事前に行い、合意を得てからセッションを開始したわけですが、10名すべてが私の見方になってくれるわけではありませんでした。セッション開始後1月を過ぎたあたりから何名か(後でわかるのですが2名程)が、私の「アンチ」の存在になったわけです。

 

それから1,2カ月間、そのアンチたちが社内で動き回って、コーチングをやめさせようと画策したのですが、それが結構巧妙で役員レベルまで動きが広がっていたのです。

そうなると社長も困るのですが、彼が一番困ったのは私とクライアントの間でどのようなやり取りがあって、どのような成果が出ているのかが分からなかったことです。しかもクライアントの個人的な部分も含めて話をしていたので、社長に訊かれても状況を正確に伝えないクライアントもいました。それでも半数は私の見方になってくれたのですが、どうもうまく伝わらず、結果的に社長もアンチを抑えきれずにコーチング契約は解除になりました。(今でも社長に迷惑をかけたなと心苦しく思っています)

だいぶ端折って書いているので伝わらない部分もあると思いますが、守秘義務が話をややこしくしてしまったことは事実です。

 

今なら別のやり方をします。(しています)

まず、契約主(スポンサー)に十分コーチングを理解してもらい、クライアントの意志で秘密にしてほしいことは契約主には伝えないことを認めてもらいます。そのうえでクライアントにコーチングの説明をし、基本的には依頼主にセッションの内容、状況を報告する義務をコーチが負っていることや、クライアントが秘密にしたい部分は依頼主に伝えないことも可能だということをきちんと説明をします。

これがないと、契約主(今回の例では会社)とコーチが信頼関係を結べませんし、クライアントとの信頼も守れなくなるのです。

個人で申し込まれたクライアントには通常の守秘義務をもってセッションを行いますが、法人契約はクライアントとコーチ以外の第三者が存在するので、このような手続きが必要となるのです。

 

 

4c7df2549ffc9b2e833e502604b37498_s

コーチングを学ぶということ

ブログの裏方のデータ(アクセス数など)を見ていたら、どうも休日はアクセス数ががたっと落ちる傾向があるみたいです。

週末は力の抜けた投稿をしているせいでしょうか。。。

気を取り直して、たまには真面目にコーチングについて語ってみます。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

企業研修などでコーチングを教えていると、最初のうちはコーチングに対して懐疑的だった人がだんだんとコーチングに嵌まりだすということが良くあります。

コーチングを学ぶ理由は人それぞれです。企業研修などでは会社の命令で受けに来る方がほとんどですが、一般のコーチング教室には自主的に学びに来る方がいて、コーチングに対して何かを期待しているという共通点があります。(それが無ければお金を払ってまで受けに来ないでしょうから)

その期待の中には「自分を変えたい」というものも少なくないようです。

会社の命令で受けに来た人、自主的に受けに来た人が共通して体験するのは「自分の中の何かが変わった」ということだと思っています。だからコーチングに嵌まるわけです。

 

コーチングを学んだ人が「コーチングってすごいよ」と他人に進めるときの動機は、この辺りから出てくるのだと思うのですが、なぜ「何かが変わった」と思うのでしょうか。

コーチングを単なるスキルだとすれば、たとえばプレゼンテーションのようなビジネススキルと同じわけですから、何か大げさな気もします。だって、ビジネスプレゼンテーション講座を受けて、自分の人生が変わった!などという体験はなかなかなさそうですもんね。

たしかにコーチングは「スキル」です。だからある程度練習すればコーチングを行うことは可能です。でも、それがコーチングが持つ本来の効果を生み出すかは微妙なのです。型通りに行えば、クライアントに何かしらの気づきを与えることは可能かもしれませんが、それだけでは本来の効果があったとは言い切れないのです。

 

コーチングは単なるスキルなのですが、そのスキルを使うコーチ自身の内面にコーチングの効果は失わせる原因があります。その原因を取り除かないとコーチングが持っている本来の力が発揮されないのです。

コーチは相手(クライアント)の能力を引き出す役割を負います。その能力はクライアントが本来持っている能力であって、コーチが持っている能力とは違うものです。ひとそれぞれに異なる能力を持っているからです。

その自分とは違う能力を引き出すときに、相手の能力を否定したらどうなるでしょうか?

当然、引き出す前に消えてしまうでしょう。だから、コーチはまず相手の能力を認めなければなりません。

でも、不思議と人は自分と違う考え、自分と違うやり方(行動パターンなど)を否定しがちです。否定する論拠は自分の考えている基準と違うからということ。自分とは違う、ただそれだけで。

否定まではしなくても、自分のやり方を押し付けたり、自分の考えている方向に誘導したりと、コーチングのスキルを使っているにも関わらず、コーチングの効果が出ないということが起こるのです。(正確にはスキルも使えていないはずですけどね)

 

コーチングを学ぶ過程で、言い換えるとコーチになるまでに、自分の内面にある「相手を認めない」などの身勝手な自分を発見しながら、コーチになるための基本的なスタンスを身に着けていきます。

これが「自分の中の何かが変わった」の正体なのです。

もちろん良い方向に変わったと自覚していればこそ、「コーチングっていいものだよ」と他人に勧めたくなるんですね。いわゆる「成長実感」と呼ばれるものを自ら体感したからこその言葉です。

 

あなたは自分の中の何を変えたいですか?

 

confidence photo

朝の時間を使って一日を有意義に過ごす方法

今朝は早朝に行う研修の仕事のために車で移動でした。

いつもは高速道路などは使わずに一般道で行くのですが、どうも行く道の途中で深夜に事故があったらしく渋滞が予想されたので高速道路を使用しました。余計な経費が掛かってしまいましたが、遅刻するわけにもいかず。。。

ニュースを見たら、警察に追われて追突事故を起こした飲酒運転者が居たみたい。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

コーチングのセッションで、コーチはクライアントの認識を高めるために、様々な方法でイメージを具体化していきます。曖昧な認識からは「行動」が生まれないからです。

たとえば「部下とのコミュニケーション量を増やす」という状態が曖昧な状態です。

「部下」はイメージできるし、「コミュニケーション」も分かるのですが、「だからどうするの?」という感じですね。

 

これを少しずつ具体的にしていくわけです。

「部下とコミュニケーションをとるために、どうやって時間を確保しますか?」

「重点的にコミュニケーションを取った方がいい部下はいますか?」

「どのような場面でコミュニケーションを取りますか?」

「具体的にどのようなコミュニケーションをとるのでしょうか?」

「会話のきっかけはどのようにしますか?」

などなど、起こしたい行動に合わせて質問を重ね、ヒト、モノ、カネ、時間、機会などの具体性を持たせていきます。

 

今朝のコーチング研修では、このスキルを学びながら実際に模擬コーチングをしてもらいました。時間にして5分間。テーマは「今日、必ずやろうと思っていることを一つ挙げてください」で、今日やることを具体的にイメージしてみるという狙いでした。

 

それで結果ですが、たかが5分、されど5分間です。

 

たったの5分間の対話で参加者全てが、頭の中で「今日やること」が整理されたことを体感したようです。

行動を起こすためには、その行動を起こすための準備が必要です。手順といった方がいいのかもしれませんが、人は案外とこの手順を「なんとなく」捉えているのです。

だから質問されて考えるだけでも、手順が整理されたり、手順の漏れや抜けが分かって効率的に「行動」を起こせるようになるわけです。

今日の参加者も始業前の貴重な時間を5分間コーチングによって、効率的に一日を過ごすための頭の準備運動ができたのです。

 

私が受け持つクライアントさんも、早朝や始業前のセッションを希望される方が意外と多いです。朝に行う30分のセッションで一日が変わることが分かっているからかもしれませんね。あと時間を自由に使える人には午前中も人気の時間帯です。

 

あなたも慌ただしい朝の時間を、貴重な時間に変えてみませんか?

 

wakeup photo