『コーチングの風景』の制作ガイドライン(仮)

今日はG7の外相たちが広島平和記念公園で献花を捧げましたね。新たな歴史の一歩になることを期待しています。

過去のことは過去のこと。私も親戚が広島にいて、被ばく者とは全く縁遠いわけではないのですが、過去への謝罪よりも未来への希望の方がありがたいです。謝るのではなく誤ることを避けてほしいと思いながらテレビの中継を観ておりました。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

今月末に研修コンテンツ『コーチングの風景』の無償配布を行う予定でおりますが、私の目的はコミュニティを作って、そのコミュニティによる共同開発にあります。もっと言えば、コミュニティがプロコーチの研鑽の場となればいいと考えています。

さて、共同開発をするということは、自分が作った作品(研修コンテンツ)に他人の手が入るということです。いまは自分の思想、開発方法だけを考えて作ればいいのですが、コミュニティが機能し始めた段階で、その大部分を私自身が手放さなければなりません。

このあたりの気持ちは昨年9月の記事「可愛い子には旅をさせよ」の中にも書いてあります。

 

でも、全くの手放しという訳にもいかないと思うので、現在ガイドラインを作成中です。まだ未完成なのですが、アイデアベースでブログに記録しておきたいと考えました。

 

「当たり前」を大切に扱う

誰も知らないような大発見を目指すのではなく、誰もが知っているのに誰も説明してくれない大切なことを扱うこと。

シンプルさを追求する

本当に理解している人の言葉はいつもシンプルです。

 

的を絞る

異なる多くの事柄も、皮を剥いていく過程で必ず共通点が見つかるはず。そこには普遍的な真理が隠れているので、我々はその普遍的な真理(物事の本質)を見抜く力を持っている必要があります。

 

今のところ、たったこれだけです。細々定義するつもりもないし、自由度の高いものにしておかないと可能性を潰してしまいます。最低限、最初の理念として考えたものだけ、共同開発をしてくれるメンバーとは共有していきたいという考えです。

 

研修コンテンツの開発は少々遅れ気味なのですが、残された時間で満足のいくものに仕上げていく予定です。コーチングを実践していて、研修コンテンツを自分で作ってみたいと思う方は、ぜひご検討ください。詳しくは、このブログやFacebookページで案内していく予定です。

 

Facebook page: 『コーチングの風景』 originated with Coachingscape

 

gather photo

現状の固定観念を捨てて先を読んで動いてみる

以前からこのブログで手書きに拘っていたり、便利なものを自分から遠ざけるという内容の記事を書いているのですが、私自身、アナログ人間という訳ではございません。

趣味嗜好としては万年筆で書くとか、フィルムカメラで撮影して暗室でプリントするとか、デジタルの時代とは逆行する傾向が強いのですが、必要なものであれば積極的にデジタルツールを利用しています。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

ということで、私が最近使い始めたツールについて書いてみたいと思います。

その一つが翻訳作業を効率的に行うための Trados というツールです。といっても使い始めたばかりなのですけど。

翻訳作業って今のところボランティアワークで行っておりますが、将来的には仕事の一部になっていればいいなと思いつつなかなか進んでいません。能力的な問題が一番大きいのですけど。

将来的に仕事にするには能力向上もありますけど、翻訳のスピードを上げるという課題があって、それをツールで補おうというのが使い始めた理由になります。使い慣れたら翻訳の記事を少しづつ増やそうと思います。

 

二つ目は Slack というグループチャットです。こちらは4月以降に立ち上げるコミュニティ内のコミュニケーションツールとして使用する予定です。『コーチングの風景』という研修コンテンツを使って研修を行った体験を共有したり、コンテンツそのものを共同開発したりと、さまざまなコミュニケーションを支える役割を持たせようとしております。

かなり高機能でいろいろなことができるようなのですが、使う側の私がまだ十分理解できていないので、あとひと月ほどで使いこなせるようになっていたいと考えています。

個人的な感想ですが、将来的にFacebookは廃れる方向にあって、小規模のコミュニティのためのコミュニケーションツールが伸びていくと思います。Slackはその中でも重要なポジションを確立すると予想しています。

 

あと、このブログは続けますが、そのうち Medium も使っていこうと考えています。文章主体のコミュニケーションで、書いている人のブランディングにはあまり貢献しないと思いますが、いずれ波が来ると思います。こちらはTwitter同様に、海外の使われ方とは違った日本は独自の発展や普及の仕方をするかもしれませんね。「かもしれない」というよりも、きっとそうなるのでしょう。

現状の規定路線で言えば、Facebook, Twitter, ブログで十分なのかもしれませんが、一歩先を見通すと違う選択肢があるわけです。

 

あなたの仕事の一歩先には何が見えていますか?

 

perspective photo

本気で議論できる仲間が居れば…

今日一日、明日のセミナーの準備に掛かりっきりでした。

と書くと、忙しい人のように見えますが、ただ単に今までさぼっていただけです。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

ということで、今日はあまり書くことがありません。珍しく思考回路を酷使し、集中力を使い切ってしまったためか、これ以上文章を読む気になれず。

ここ数日の投稿を読むと分かりますが、特段書くことが思いつかないときはネット上の記事を読んでいます。その記事についての考察を書くのではなく、何かを考えるきっかけとなって、自分の記事を書いています。

だから引用した意味ないんじゃない?というような日もあります。でも、その記事について書くとは言っていないので、引用した意味はあるのだと。思考の過程も大切ですけど、最初のきっかけも大事なのです。

明日のセミナーは、今取り組んでいるプロジェクトに関連するもので、『コーチングの風景』体験講座(質問のスキル)です。

そろそろ研修作成も大詰めに入ってきています。成果物としては未完成ですけど、半年近くかけてアイデアを練ってきたので、頭の中には青写真があるのです。あとは、それを分かり易い形で資料に落とし込んでいくだけです。(ここが難しいところなんです)

でも、本当は一人で考えるよりも何人かと意見の対峙をさせながら作った方が早く仕上がります。半年かけて作ったものも、複数で意見をぶつけ合いながら作れば3カ月程度で出来上がったかもしれませんね。

研修コンテンツ『コーチングの風景』で作りたいのは、こうしたコミュニティです。

研修を作ってみたいけど作り方が分からない。

コーチングについてあれこれ語り合いたい。

こんな人はぜひコミュニティにご参加ください。詳細は3月末くらいから案内する予定ですので、宜しくお願い致します!

ということで、本日はこれにて失礼いたします。 m(_ _)m

 

community photo