貧乏暇なしでも休む時は思い切って休む

昨日の投稿の最後に「明日から仕事を頑張ります」と書いたものの、今日の仕事は朝方で終了しました。

先週から週末にかけての一連の仕事が滞った時のためにスケジュールを開けて置いたら、それらの仕事が順調に終了。なので、今日は時間が空いてしまったわけです。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

そんなことで妻も休みだったため、せっかくなので二人で鎌倉に行ってきました。

アジサイの時期ですが二人とも混雑が嫌いなので、いつもの銭洗弁天→佐助稲荷のコースに。そのあとは前から行ってみたかった見晴らしの良いカフェに。

そんなこんなで今日もまた、のんびりとした一日でした。

忙しくなったら休めないわけですから、時間に余裕がある時には仕事を忘れて、思い切って休みということも大切なのですね。

 

P1000003

仕事のできる人とできない人の違い

先日、「あの人たちは、なんでこんな簡単なことを説明してもわからないんだろう?」という嘆きを聞きました。

「あの人たち」が誰なのかはさておき、「簡単なことを説明してもわからない」ということが問題ですよね。

説明してもわからない、何度言っても同じような失敗をする、応用や融通の利かない人、、、

こんな人たちに何か共通点があるのでしょうか?

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

あるクライアントが、自分の部下との関係構築に悩んでいたとします。

部下との関係に問題があると思う現象を聞くと、

・丁寧に指示を出したが部下がその通りに動いてくれない。

・ミーティング中に部下が自分の意見に反論してくる。

・ここ1,2週間で、部下は自分に対して挨拶もしないようになった。

というような具体例が出てきたとしましょう。(あくまで説明のための例です)

 

これらの事柄から何を見出すかが問題となるのです。

① ばらばらの出来事に見えるのか、それとも関連性があるように見えるのか。

② 関連性があるとしたら、どのような関連項目(共通項)があるのか。

③ その項目をどのような言葉で表すのか。

一見当たり前のことを言っていますが、人間が「考える」ときにはとても重要な事柄が含まれています。

それは「抽象」というもので、一見ばらばらに見える事柄(具体)に対して、共通項を見出し、それを言葉で表す。

 

先の例でいえば、「信頼」とか「信用」という言葉を思い浮かべる人が多いと思います。何かしらの原因で部下から信用されていないことがわかるかどうか。この作業の難易度は次のようになります。

a)説明されて理解できるかどうか?

説明されれば、なるほどと思います。が、少ないながらも「なぜ信用がないとわかるのか?」という疑問を抱き、「信用」という目に見えない抽象概念が理解できない人もいるのです。

b)自分自身で抽象概念を作り出せるか?

説明されて理解できることと、自力で「信用」などの抽象概念を頭の中で生み出せるかは大きく違います。抽象化するための言葉を知っているかどうかも両者の違いかもしれませんが、言葉は抽象概念と結びついているのでどこかで連動しています。

職場で指示されたり、説明されたら動ける人間と、大した説明もなく自分で課題を見つけて問題解決できる人間の違いも、概ねこれと似ているのです。

いわゆる地頭がいい人間は、この抽象化の技術に優れていて、ひとつのことを他の事柄に応用できるのです。こういう人は製造業から流通業に移ったり、他のサービス業に転職してもたいてい仕事をこなせる人たちなのです。そして、これが仕事ができる/できないの差の原因なのです。

 

コーチング中にコーチの頭の中では、抽象/具体の両面を交互に行き来しながらクライアントの話を聞いています。そうでないと、クライアントよりも広い視野で物事が見れないからです。クライアントの気が付いていないことを察して、質問という形でクライアントに視点を提供するのがコーチの役割の一つです。

クライアントはコーチの質問に答えるということを繰り返し行うことで、(抽象具体のみならず)問題解決の視点を持てるようになるのです。そうすることで今まで見えなかったもの(先の例では信用という抽象概念や、見逃しがちな具体事項)が見えてくるようになり、そうしたクライアントから出てくる言葉が「セッションが始まる前と今では、見えている風景がまるで違います」というものです。

例では極端に簡単な事柄を挙げましたが、実際のコーチングでもこの抽象化/具体化はよく行われていることです。

 

2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s

中だるみとどう付き合うか

今日は一日、気が乗らない日でした。

たまにあるのですが、夕方に一本のコーチングセッションを行っただけで、あとはどうにも仕事に手が付かず。。。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

良くないとは思うのですが、こういう日は敢えて何もしないことにしています。

無理して何かしようと思うと、「出来ない」という気持ちになって焦ります。そこから何か生まれればいいのですが、焦り以外の気持ちが出てこない。

だったら出来ないのではなく「何もしない」と決めてしまえばいい。

眠れないときに、寝なきゃ!とか、眠れないと思えば思うほど眠れなくなる。

そんな感じですかね。

 

スランプに陥らない人の3つの基本ルール

 

この記事の最後に書いてあることが、とてもよく分かるのです。

「一番大事なのは、毎日がすべて生産的になるとは限らないということを忘れないことです。」

クリエイティブであろうとか、自分を縛り付ける言葉が結局はそれ自体を失う原因になりかねない。

働くとかもそうかもしれません。会社勤めの方はそれほど自由にならないことも多いと思いますけど、それでも働きたくないときは働かないという選択肢をどこかで持てるといいですね。(私は営業だったので、外回り中にそれが出来ましたけど…)

これが毎日続くようだと困りものですが、365日のうちの何日かなら。

 

ac916be46f9a1ea22792275fd794e4d0_s