みんながいいと思うものはつまらない

自分の個性を大切にしたいとか、個性的でありたいとか。

こういう意見はよく聞かれます。

でも、個性的ってどういうことなんでしょうね。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

個性的であるというのは他人と違うということ。

そして、日本においては「人と違う」ということが「異質」とみられる傾向があるということです。

他人から受け入れられる異質と、受け入れられない異質があると思うのですが、まったく新しい個性はどちらにも転ぶ可能性があります。

これまでの価値観、人々の固定概念とは違うものであれば後者、つまり周囲から受け入れられない可能性が高くなるのでしょう。

 

外山滋比古の「思考の整理学」という本の中で島田清次郎という大正時代の小説家の話が出てくるのですが、この小説家は当時天才ともてはやされていて、同じ頃、夏目漱石の作品に対して疑問を呈する人もいたのだとか。夏目漱石の評価が現在どうなっているかは皆の知るところだと思いますし、島田清次郎を知る人はあまりに少ないのもお分かりだと。

新しいものが出てきた当初、大衆(流行を後追いする人たちであり)が理解できるものは受け入れられ評価を高める。一方でたとえどんなに優れたものでも大衆(自ら流行を作り出せない人たち)の理解を超えてしまうと受け入れられることはない。

簡単な理屈なのですが、これが表面化するには時間を必要としているということでしょう。

そう思うとみんなに好かれるとか、一人でも多くに人に理解されたいという気持ちが先行しすぎると、かえってつまらないものになってしまうのではないかということです。

 

そんなことを考えていたら、ちょうどこんな記事を読みました。

「国民的美少女コンテスト」グランプリ受賞者はなぜ大成しないのか――人材選抜の謎に迫る

内容は読んでいただくとして、興味を引いたのは「多くの人の目で、あらゆる角度から選ぶので、角がとれた人が選ばれがち」という部分です。

なるほど、納得!

 

アイドルでも「えっ、これがアイドル?」という超個性的なものが一部の熱狂的なファンを獲得している例はたくさんあります。ただこれが全国区になるのは難しい。

自分が大切にしたいものをやり続けるとき、熱狂的なファンを獲得するのか、はたまた万人受けを狙うのか。自ら商売をするときは、少しこんなことを考えてみる価値はあると思います。

一番いけないのは、中途半端なことでしょうね。反省・・・・。

 

264186d91ec7510329f5c01446520171_s

「らしさ」とオンリーワンの話

今日は朝から寝ぼけて、客先に向かう電車を何を思ったのか一駅手前で降りてしまい、次の電車を待っていたら間に合わないので慌ててタクシーで移動。

無駄な経費を使ってしまっただけでなく、時間ぎりぎりで現場に到着して余裕のない仕事のスタートでした。

まぁ、時々あることですが、こんな失敗も自分らしい一面かなと思っております。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

昨日の投稿で写真を再開することを書きましたが、それに関連して「らしさ」の話を書きたいと思います。

再開の理由はドライブ中に気分転換の時間が必要だと思ったということでしたが、それ以外にも理由があります。

 

先日のこと、3年前くらいに知り合った方からコーチングのご相談を受けました。新しくビジネスを立ち上げていて、客観的な視点を持つ相談相手が欲しかったという内容でしたが、その人の大森というコーチを相談相手に選んだ理由がとても興味深いものでした。

その方が立ち上げているのはデザインや写真が重要となるビジネスなのですが、大森が「客観的視点を持つ」人物だったということに加えて、アート写真を撮っていたことから「アート的な感覚を持つ」コーチということがポイントになっていたようです。

確かに、身の回りのコーチ仲間で個展を開くまでアートを実践している人は思いつかない。もちろん居ると思いますが、少数派なのだと思います。

 

よく「オンリーワンになれ」という話を聞きます。ビジネスの世界でライバルとの差別化をしたいのであれば、その世界でオンリーワンの存在になればいいと。

よく言われている割にはハードルが高い要求かもしれませんよね。特にスタートアップの段階では実績も何もない状態でしょうから、そんなことを言われてもと思うのではないでしょうか。実は私もそんなことで悩んだ記憶があります。

 

例えばコーチングを学んで「私はコーチです」と名乗っている人は多く存在します。その中で唯一の存在になることは難しいことです。実際にコーチと名乗っている人が何人いるのか知りませんが、数多居るコーチの中でどうやったらなれるんでしょうね。

でも、少しだけ見方を変えてみましょう。

そう、例えば「コーチ+写真家」です。こうすることで少しだけ特徴が出てきますよね。

この考え方を広げると「コーチ+写真家+マラソン完走+万年筆好き+数学が苦手・・・」という風にすれば、どうでしょう。結構「唯一」に近づいてきたのではないでしょうか。

 

何も人と順位を争ったり、ずば抜けた成果を出して一番になることだけがオンリーワンではないということです。

あなたが日々行っていること、大切にしていること、趣味や育った環境や生い立ちや、そういうすべてのことを含めると、あなたはすでにオンリーワンの存在なんです。そして、そのひとつひとつがあなた「らしさ」になるのだと。あとは、それを他人の知るところにするだけです。

こういう観点で考えると、私にとって写真を撮るということは「私という存在」の一部であり、欠かせないものなのではないかと考えたのが再開の理由のひとつとなったのでした。

 

あなたという存在を作っている要素は、どんなものがありますか?

 

写真家 photo

改めて自分の強みを認識する

12月12日にセミナーを開催します。

その集客に知人らが協力してくれていますが、セミナーの紹介にも個性が出るのだなと感心しております。

私の肩書等を出す人、友人として推奨してくれる人、私の特性を宣伝文句に使う人と様々ですが、読んでいて面白かったのが私の特性を書いてくれた文章です。その紹介文がこれ。

「いつも、きれいでわかりやすいPPT等をサラサラっと作る彼が、利用無料、改変自由、使い方もレクチャーします、という研修コンテンツを共有する仕組みを立ち上げようとしています。」

これって、多少の自覚があったとしても自分では書きづらいことです。知人が書いてくれるからこそ生きてくるのだと思いますが、改めて自分で読んでみて「あぁ、私にはそういう強みがあるんだな」と思えるのです。

強みを伝えることの大切さを感じつつ、改めてセミナー集客に協力してくれている友人らに感謝しております。

ということで、大切なお知らせです。せっかくなので、先の知人、「薬とコーチと解体新書」で有名な関口詩乃さんの告知分を掲載させていただきます。(一部このブログ向けに修正)

コーチ力も研修講師の腕もバッチリなのに、
・複数のコンテンツが持ちたいのに持てない
・なぜだかわからないがまとめ資料が作れない
・かっこいい研修資料がほしい。でも、カスタマイズしたい
・他のコーチがどんな研修の仕方をしているのか覗いてみたい
・研修コーチの仲間やネットワークがほしい
なんて、心の奥底で思っている方は、是非、12月12日午後の体験講座に参加してみてください。

いつも、きれいでわかりやすいPPT等をサラサラっと作る彼が、利用無料、改変自由、使い方もレクチャーします、という研修コンテンツを共有する仕組みを立ち上げようとしています。

今回の参加費も、入会すれば実質タダ!というお得な講座です。

詳細&お申込みはこちらから → http://ptix.co/1VLFCSE

 

document photo