自分を勘定に入れずに話を聴く

テレビをつけると地震報道が流れ続けていますね。

現段階では募金程度しか出来ることはありませんが、被害に遭われた方が一日も早く普段の生活に戻れること、お亡くなりになられた方にはご冥福をお祈りいたします。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

昨日の傾聴の話の続きです。

コーチングでクライアントの話を傾聴するのですが、その時に肝心なのは話の内容にコーチの判断を加えないということです。

といっても、研修の参加者の感想ではこのことが一番難しいとのこと。まぁ、分かります。私も最初はそうでしたから。

 

どういう事かというと、例えば会議で部下が上司に反抗的な態度を取ったとします。一般的に会社組織において、しかも会議という場において部下が上司に対して反抗的な態度を取ることはあまり褒められることではありません。悪い事だという人もいるでしょう。

仮にその会社では悪い事だと思う人が多かったとします。すると、その部下がとった反抗的な態度(もしくは言動)は悪い事と判断されます。

 

でも、コーチングの中でコーチはその部下の態度を悪いことだとは判断しません。クライアントが悪い事だと言ったとしても、です。

その上司がクライアントで、その部下とのやり取りを聴いた場合、コーチが聞き取るのは概ね次の2点です。

①会議の場で、ある部下がクライアントに対して反抗的な態度を取った。

②クライアントは部下の言動を悪い事だと判断している。

クライアントの話す口調などから不快感や憤りを感じているということも聴き取れるかもしれませんが、ここでは割愛します。

 

もしコーチがクライアントと同じように部下は上司に逆らってはいけないという価値観(もしくはその逆の考え)を持っていたとしても、それを脇に置いておくということです。

これって、結構訓練が必要な考え方だったりします。ついつい「わかる、わかる!」と同意をしてしまったり、「ほんと、そういう部下には手を焼きますよね。○○さんも大変ですね」と同情してしまったり。でも、同意や同情はクライアントの問題解決には不要なのです。「それで腹が立ったわけですね」などの共感は必要ですけど、共感≠同意・同情なのです)

 

実際のところ、国が違えば文化も違います。悪い事を取り締まる法律だって違うのです。日本では違法のことも別の国では合法のことだってあるわけですし、時代によっても変わるものです。

人間関係における物事の良い悪いの判断基準は実は危ういもので、結局のところないのではないかと思うのです。「私は~だと思う」という主観的事実はもちろんありますが、客観的事実かどうかは怪しいということ。

だとすると、それぞれの視点や立場によって良い悪いの正解はあるはずですし、対立している両者がそれぞれ正論を言っていることだってあるのです。

クライアントが自分自身で問題を解決していくためには、偏った視点・視野のバランスを取ることが必要です。多角的に物事を眺めてもらうためには、コーチはフラットに物事を捉える必要があるのですね。

ですから、自分の意見、心情、信念などは一旦脇に置いてクライアントの話に耳を傾けなければなりません。

 

宮沢賢治の有名な「雨ニモマケズ」の中で、このような一文があります。

 

あらゆることを

自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり

 

この「自分を勘定に入れず」がそれにあたります。

 

詩の最後にはこう書かれているのですが、

 

そういうものに

わたしは

なりたい

 

偉そうなことを書いてしまいましたが、私もあの詩に書かれているような人間になれたらいいなと思っています。

 

(- -)。oO(これが難しいんだよなぁ)

 

宮沢賢治 photo

Photo by y_katsuuu

心の耳で聴くってどういうこと?

「心の耳で聴いていない」
これはある時、妻から言われた言葉です。
「傾聴」は、ただ話を聴けばいいというものではありません。今日はそんなお話です。
こんばんは、コーチングスケイプの大森です。
これは、私がコーチングを学ぶ前の話です。
当時幼稚園に入園する前の娘の子育てに追われていた妻が、夫である私が帰宅後にその日にあった出来事を話していました。私は疲れていたという事もありますが、傾聴の大切さも何も分かっていませんでしたので、ただ妻の話を聞いていたのです。
ところが妻が突然「聞いてるの?」と言い出しました。私は聞いていた内容を伝えて「ね、聞いていたでしょ?」と言い返したのです。そして次の妻の回答が冒頭の言葉です。「心の耳で聴いていない!」と。
その頃の私は「心の耳」が何なのか分かりませんでした。話の内容は理解していたので「耳」では聞いていたはずなのです。
では、心の耳とはどういうことなのでしょうか?
傾聴を学んで分かったことは、話の内容を耳を傾け理解するだけではなく、話し手に対しても耳を傾ける。つまり、相手に興味関心を示しながら聞く必要があるのです。
話の内容を理解するだけでなく、相手に対して興味関心を持ちながら聞く。そして「聞き手が話し手に興味関心がある」ということを話し手に感じて貰って初めて傾聴が成立するのです。
そのためには話し手の目を見る、相づちを打つ、相手の言葉をリピートしてみるなどの聞き手の言動が求められる。これが傾聴です。
こう書くと、とても簡単なことのように思えるのですが、これがなかなか難しい。
研修では、ワークを通じて難しさを感じてもらうことから始めます。ではない「俺は出来てるから大丈夫」と思う受講者が多いからなんですね。
実はもう一つ、傾聴で難しいポイントがあるのですが、こちらは明日書きます。
あなたはどんな時に人の話を聞かなくなりますか?
listening photo

知識と経験 ― スキルを学ぶときに必要なこと

もう3月なのですね。忘れてました。

継続が苦手な私ですが、今年は「続ける」ことをテーマにいろんなことに取り組んでいます。

ブログの毎日更新が今のところ大きなものですが、それ以外にも英作文を毎日行うこともまだ数週間ですが続いています。一日一問でもいいから例題を解いていくという目標です。それ以外では最近始めたプログラミング言語の習得も。

どこまで続けられるのかという不安もありますが、まずはやり始めてみないと分からないことってたくさんありますからね。何事も経験です。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

今日、とある企業向けのコーチング研修で「傾聴が難しい」という話がありました。

複数の発言者の話を聞くと、どうも相手の話を聞かなくちゃいけないし、次の質問も考えなくちゃいけないからどうして良いのか分からない、とのこと。

確かにそうですよね。私もコーチングを学び始めた頃は戸惑いました。

私の場合、最初に「全身全霊で聴け!」とばかりに教えられたものですから、その通りにしたら質問が浮かばずに頭の中が真っ白に。

まぁ、当然といえば当然です。幸いなことに思考錯誤を繰り返すうちに何とかなってしまったので、今に至っているわけです。

 

でも、他の教え方はないものかと考えて、先に質問の仕方を教えてしまえばいいのでは?と思いつきました。

質問の仕方も漠然としたものではなく、論理的な質問です。今は「2つの視点と3つのスキル」としてまとめているところです。

いろいろ検討した結果、質問は「型」が作りやすいのです。だから、コーチングを学ぶ人は最初にこの「型」を身に付ければ、ある程度以上の質問力が身に付くわけです。

 

では、傾聴はどうでしょうか?

質問の「型」というのは、論理思考の基本から作っています。なので、この「型」を理解すれば、相手の話を論理的に整理しながら聞くことができます。つまり質問の「型」が、そのまま傾聴にも応用できるのです。

この「型」に興味のある方は、現在制作中の研修コンテンツ『コーチングの風景』の公開(4月予定)をお待ちください。無償提供ですので、だれでも見ることができますよ!

もちろん、これさえできればコーチングが完璧に身に付くというわけではありません。でも、きちんと身に付けることができたら、コーチングもかなりのレベルには到達すると思います。

そこから先は、試行錯誤も含めて経験から学べばいいことです。試行錯誤、創意工夫といった経験から学ぶものは、教えるのも習得するのも時間がかかります。ですから、じっくりと時間を掛けて学ぶ必要があるのです。

習得に時間を要するスキルは、一日やそこらの研修では教えることは不可能なのです。

 

Wisdom without action is like a tree without fruit.
(行動を伴わない知恵は、果実の実らない樹のようなものだ。)

 

知識を得ただけで満足してても意味がありません。基本の「型」を覚えたらそれを試しながら、経験を積み、創意工夫を重ねてこそ意味があるのです。

 

あなたはこれまでの経験からどんなことを学んできましたか?

 

cherry photo