目的意識と手段への意欲

一度切れた糸を、再びピンと張るのは難しい。

ブログの毎日更新が途絶えてからの自分の気持ちがそれです。

実質1週間近く休んでしまいました。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

さて、最近は英語の勉強をしているのですが、これがなかなか続かない。

続かない理由は、自分に欠けている知識を文法書など補おうとするのですが、読んでいる最中に眠たくなる。

学生時分に勉強をしていなかったツケなんですかね?

脳が勉強を受け付けないのです。。。

 

よくああいう風になりたいとか、こうなりたいという目標を立てますよね。

目標を持つことは大切なので、それ自体はとても素晴らしいことです。

でもね、その目標地点に到達するためにはそれ相応の努力が必要なのです。

目標達成のための手段ですね。英語であれば文法の勉強、単語力の増強、ヒアリング/会話力の強化などです。

英語を話せるようになりたいという目的をもって勉強をするが、英語の知識(文法や単語など)を知ろう、覚えようという意欲がないと英語が話せるようにならない。

別の言い方をすると、英語を話せる自分の姿を想像してワクワクするだけでなく、文法や単語を知ること自体も楽しいという感覚が求められるのかも、ということ。

「こうありたい」という目的意識が強くても、「やりたい」という意欲がないと目的はなかなた達成できない。

当たり前のことですが、目標を立てるときに見逃しがち。

 

普通は目標に対してコミットすれば、人間はおのずとそこに向かって努力をする。

こう思い込みがちですが、案外そこの到達するための手段を実践する意欲も確認する必要がありそうですね。

 

e030b20e2df71c3e81584d04ee44408be273e7dd1fb5164993f9_640_blackboard-grammar

ペンの持ち方矯正の途中経過

研修コンテンツ『コーチングの風景』を無償配布しようと決めてから、ずっと取り組んできましたが、その間はなぜか他にやりたいことが次々に出てきました。

ちょうど学生の試験期間中に本が読みたくなったりと、本筋から逃避しようとするのに似ていたのかも。その証拠にβ版も完成して、あと1週間ほどで公開を迎えた今、何となく気が抜けてしまい、取り組んでいたことが少し億劫に感じることも。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

でも、その中で悪筆矯正だけは意欲が衰えません。きっと成果が出始めているからかもしれない。

正しい持ち方に変えようとペン字を始めて、少しずつやり方を自分で考えて変えながら約2カ月。ようやく正しい持ち方に慣れてきました。正しい持ち方をした時に力が入らなかった指も、いまはしっかりとペンを支えることが出来ています。

ただし、まだゆっくりとしか書けませんけど。それでも書くことが苦痛(悪い持ち方では力が入って数文字書いたら疲れていたのです)に感じることがなくなりました。原稿用紙一枚分の文字を書いても指は疲れません。すごい!

これまでは正しい持ち方を主眼に置いていたので、文字の形はそれほど気にしていませんでしたが、今日から横に手本を置いてきれいな文字を意識して練習するようにしました。第2段階ですね。

こういう練習は努力の分だけ成果につながるわけですから、やるしかない。というか、やらないと損なのです。やり始める、続ける、成果が出始める、さらにやりたくなる。こういう良い循環が出始めたのが自分でも分かります。

満足いく状態になるのはまだまだ先かもしれませんが、いまの努力の延長線上に満足な状態があることが分かったことが、現在の意欲の源です。

ということで、また新たな成果が出たら書きたいと思います。

 

pencil photo