コーチがゴールを持っている?

雪に弱い首都圏が大雪に見舞われた今朝、いつもは40分でたどり着く電車を2時間かけて目的地に到着しました。

雪国の方からは笑われるであろう雪の量ですが、まぁ予想通りというか、えらい目に遭いました。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

さて、コーチングに興味を持たれて関連書籍を読まれた方、実際にコーチングを学ばれた方ならば、コーチングの対話で目指すゴールはクライアント自身が決めるものという認識ですよね。

コーチとクライアントは別人格であり、対等な関係性を築きます。どちらが上でも下でもなく、お互いを尊重しあう信頼関係を作るのです。少なくともコーチはそうなるように最大限の努力を怠らないはず。

クライアントが置かれている状況についてどう思うか、どう考えるかはクライアント次第です。コーチの価値観などは一旦脇に置いておかないとコーチングが機能しないからです。コーチとクライアントは生い立ちも価値観も違う存在なのですから。

例えば、まったく同じ立地、同じ間取りの家に住んでいたとしても、人によって感じ方が違います。Aさんは立派な家に住めてうれしいと喜び、Bさんは何でこんな家に住むことになったんだろうと嘆いているかもしれません。

この違いは、AさんとBさんの過去に原因があるかもしれないのです。Aさんは貧困状態から抜け出し新しい家を手に入れた。Bさんは事業を失敗して大きな邸宅を手放すことになり、以前の家の4分の1以下の今の家に住まざるを得ない。「過去」が影響して「今」の受け止め方が違うのです。もちろん目指している「未来」によっても変わることでしょう。

クライアントを尊重し、クライアントの考えを理解していくことで、コーチはより効果的な支援を行えるのです。コーチングのゴールもそんな尊重すべきことの一つです。

 

ところが、実際にはそうならない場合もあります。組織やチームの一員として活動している人は、所属している組織やチーム自体がゴールを持っています。ビジネスコーチングで会社からある方のコーチングを依頼されることがありますが、このような時には顕著に表れる現象です。プロコーチは組織が雇い主ですからその意向を無視できないのです。でも、クライアントの意思も尊重するというジレンマですね。

会社で部下に対してコーチングを行う場合も似たようなことが起こるかもしれませんね。部下が(心の中で本当に)やりたいと思っていることと、組織が目指すものが一致しない場合がそれです。

 

こういう時に私が心がけているのは、クライアントのゴールと組織のゴールの共通点や関連性を丁寧に探ることです。そこで拾い上げた一つ一つの要素を、クライアントと共に丁寧に紡ぎ合わせることで、その方のゴールのためにも、組織のゴールのためにもなるストーリーを作り上げていくのです。

とはいえ、完全に一致しないことも多く、そのすり合わせや意味づけをどのようにクライアントに昇華してもらえるかが成果の分かれ目になることが多いので、簡単な話ではないのですけどね。

 

自分の組織のゴールに、どのくらいコミットしていますか?

 

workplace photo

しなやかに書きたい

とうとう大晦日。今年もあと数時間で終わりですね。

 

こんばんは。コーチングスケイプの大森です。

 

今年一年を振り返りながら、どうにも中途半端だった前半の反省をしながら、後半ももっとできることあったなぁと来年の課題としてリストアップしておきました。

ブログに関していえば、12月に入って毎日更新を心がけたものの、3日も穴が開いております。それでも飽きっぽく、継続が苦手な自分としては少しだけ褒めてあげようと思います。

 

やればできる!行動を起こせば何かが起こる。

 

来年もこのことを体現していきたいと思います。そして、来年はもう少し今どきのブログ向きの軽やか、しなやかな文章が書けるようにしたい。

 

とりあえず質より量で1か月。来年に入ってからも1,2か月は量を優先するものの、徐々に質にもこだわっていきたいと思います。(といって、今も質を無視しているわけではないのですが…)

なにはともあれ皆様にとって、2016年が良い年でありますように!

 

「絶対にやる!」を「やった!」に変えるために何をしますか?

 

pile photo

大きな目標がないとコーチングは受けても意味がない?

人生何があるかわかりません。

まぁ、これは一般論ですけど、そうだろうなと思う出来事は個人的にもいくつかあります。考えてみれば、今の自分の環境だっていろいろな偶然の賜物であるわけですから、ちょっとした選択や意思で人生って変わってくるのかもしれませんね。

先日、目的と手段の話をしましたが、目的もなくなんとなくはじめてみる行動もあるのだと思います。始めた後から意味が出てくることだってあるのでしょう。

自分の場合は大抵目的があったりするのですが、クライアントさんと話をしていて、特段の意味のない行動だって理解できないことはありません。このブログの毎日更新だって、意味がないわけではないけれど、明確にこうなるんだという目的があるわけではないのです。漠然と「こうなったらいいな」という願望はありますけどね。。。

一心不乱に手段に没頭すれば、その先に目得てくることもあるかもしれない。特に若いころは。(べつに年とってもいいんだけど、成果が得られるまでに時間がかかるので、成果を待つだけの時間が十分にあるかどうかの差です)

クライアントさんにはいろいろなタイプの方がいらっしゃいますが、ざっくり分けると目標に向かって走るタイプと、明確な目標はないけれど目の前の仕事を誠実にこなしているうちに何か大きな成果を得るタイプがいます。後者は偶然得た成果のように見えますが、確実に「日々の行動」という要因があるので必然なのでしょうね。成果を得るためには多少なりとも運も必要だけれど、それは両方のタイプに当てはまることなので。

何が言いたいかといえば、大きな目標とかがなくてもコーチングは機能しますよ、ということです。時々「自分には目標らしい目標がないから」と尻込みする方もいらっしゃるのですが、現状を変えたいという動機にも十分対応可能なのです。

ほとんど雑感で申し訳ないのですが、まぁ、そんなことが頭に浮かんだので書いてみた次第です。

 

goal photo