「考える」ための練習

寒い!寒気が南下してきたみたいで、今朝は昨日以上に冷え込んでいるようです。ちょっと前まで暖冬だと思って気を抜いていました。日々の鍛錬が足りない私には、この寒さは堪えます。。。

 

おはようございます、コーチングスケイプの大森です。

 

一昨日の投稿で、問いかけながら読書するという内容を書きましたが、今日は実際にそれをやってみた例を書きます。

読んだのは書籍ではなくてこちらのウェブ記事です。ある車の評論が書かれているのですが、書中の考察の一部に別の視点を入れて考えてみました。

 

記事中の考察は、ドイツの自動車メーカーが日本に投入したミニバンに関するもので、日本のあるミニバンからの乗り換えが多かったことから、「一部のミニバンユーザーは既存の3列シートミニバンに飽きている」か「他のなにモノかを求めている」ということだという仮説が立てられていました。

ドイツのメーカーが投入したミニバンは3列目のシートが日本のミニバンと比べて狭く、日本のユーザーに受けないのではという印象を持っていたところに、日本で売れ筋のミニバンからの乗り換えユーザが多いということに驚いての発想です。

そもそも発売後1か月の販売データであり、それぞれの販売台数が桁違いの差があるわけであって、考察に足るデータが揃っていないのです。そこで結論を導き出すのは困難であることは明白なので、記者もそれを分かっていて「想像」という言葉を選んでいます。

でも、ここに時間軸を加えて考察すると、別の「想像」もできるのです。乗り換えたユーザが日本のミニバンを購入した時期はデータとして明記されていませんが、昨日今日の話しでないことは想像に難くありません。仮に車検切れなどのタイミングだったとしたら3~5年、もしくは7年程度は経っているのかもしれませんね。

ミニバンを購入するのはファミリー層がメインであろうことから、購入時と乗り換え時(現在)には時間の経過とともに子供の成長という要素が入ってくるでしょう。仮に購入から7年も経っているのであれば、小学生から中学、高校生へと成長しています。

ミニバンからミニバンへと乗り換えるにしても、小学生と高校生の子供を持つ親のニーズが違うことも十分考えられるでしょう。部活や友達付き合いで子供自身も忙しくなったり、場合によっては反抗期などで一緒に旅行する機会が減る可能性もありますからね。なので、既存のミニバンに飽きたのではなく、子供の成長によって広い3列目シートがそれほど重要ではなくなったという見方もできるのです。

 

記事にある言葉をそのまま頭にインプットするのではなく、反論や別の視点を加えるなどのアウトプットをしながら書物や記事を読むことで、自分の思考の幅も広がります。

 

日々の生活に、「考える」ための訓練を取り入れていますか?

 

thinking photo

読書と知力と自分の意見

三連休も今日で終わりですね。私は正月の延長のように過ごしております。また太るな・・・・。

といいながら、焦ってはいないのですね。

若い頃は痩せていたので「いつでも昔のように痩せられる」という誤った認識が意識の中にあり、焦ることなくこのたるんだ体を維持し続けてしまうのでしょうね。

年齢的に明らかな誤解なんですけど。

 

おはようございます。コーチングスケイプの大森です。

 

最近、読書を勧める内容の雑誌の特集や記事をよく見かけます。読書によって知力を高めようという意図が伝わってきます。

知力には知識も必要ですが、それだけではありません。なので、読書を単なる知識の収集として受け取ると意味がありません。読むことで得る知識以外に、何かが必要なのです。

 

「本を読む本」(講談社学術文庫)という書籍があります。この本は、本の読み方を教えてくれる本です。

内容は読んでもらえば解るので割愛しますが、簡単に書くと「考えながら読む」ということです。著者が問題提起をし、仮設構築、論証、結論を導く過程をそのまま頭に入れても、本当の知力はつかないのです。

本当にそうだろうか?
なぜそういう考えに至ったのか?
他にも手立てはないのか?
具体的にはどういうことだろうか?
つまりどういうことだろうか?

などなど、読みながら多くの疑問をぶつけながら読む。そして、自分なりの答えを模索しながら読み進めることで、読む人の考える能力を養うことになります。

他人の意見を鵜呑みにせず、自分の頭を使って考える。こういう習慣がある人は、本当の「自分の意見」を持てるようになるはずです。

 

あなたは、どのように本を読んでいますか?

 

読書 photo

初心に返る、そして

あけましておめでとうございます。

正月はのんびり過ごしました。幸い私の実家も妻の実家も車で1時間以内の場所にあるため移動に難もなく、両家には1日、2日に出向き、子供たちを実家に預け、子供のいない昨日はテレビ三昧。箱根駅伝で母校の後輩たちが完全優勝するのを観て元気を貰いました。

そんなこんなで正月三が日を過ごし、本日からこのブログも始動します。

 

おはようございます。コーチングスケイプの大森です。

 

新年に思うこと、それは「初心忘るべからず」です。

2005年からコーチングを学び始め、10年以上が経ちました。クライアントを持ち、コーチとして活動を開始したのもほぼ同じ時期ですので、コーチとして働き出してからだいぶ時が経ちました。

当時はサラリーマンでしたが、2008年に独立。起業にあたり、なぜ自分がコーチという職業を選んだのか、どのような会社にするかなどをいろんな観点で考えました。その後も順風な状況ばかりではなく様々な局面があったのですが、そうした時に共通して顔を覗かせる自分の想いがあります。

 

「働く人を幸せにしたい」

 

コーチングは人を支援する素敵なツールです。ビジネスとして活用するわけですから私利私欲(=稼ぐ)があるわけですが、この想いだけは純粋にそう思っています。

幸せといっても人それぞれです。私が思い描いているのは「やりがい」のようなもの。

仕事とプライベートは別といって事務的な作業を繰り返す人もいます。こんな仕事つまらないと思いながら仕事をしている人もいることでしょう。

余計なお世話かも知れませんが、それでは仕事人として幸せになれないと思うのです。会社勤めをしていれば通勤時間を含めて、一日の大半を仕事に費やすわけです。その時間がすべてつまらないものなら、その人の一日はとてもつらいものでしょうし、毎日続けるのは苦痛です。

どうしたら仕事に幸せを感じることが出来るのか。そのためには「考える」ということを大切にしてほしいのです。

自分にとって何が大切なのか?

今の自分に必要なものは何か?

今の自分がすべきことは何か?

この仕事から何が得られるのか?

なんでもいい。日々の業務に埋もれてしまいがちな「問いかけ」を思い出してほしい。

 

コーチングでは何をテーマ(目標)に話すのかはクライアントが決めます。でも、コーチ側にも伝えたいことがあるのです。もちろんコーチの考えを押し付けることはありませんが、サブテーマのような形でコーチの胸に秘めて、クライアントの状態に合わせて伝えています。

 

あなたがコーチングを受けたら、何をテーマに話したいですか?

 

shibuya photo

Photo by albgra