30代で老害って何なの?

今日は寒いので外に出る気になれず、家の中で半日ほど久しぶりの英語学習と記事翻訳の作業をしておりました。勉強すればするほど自分の課題が見つかってくるので、やることが増えるという悪循環というかなんというか。

自分のペースで、嫌気がささない程度に課題をこなしていきたいと思います。英語に限らず、何事も日々勉強ですね。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

先日「なぜ職場で“30代老害”社員が急増しているのか」という記事を読みました。

老害と聞くと、私の中では組織の中で高齢社員が時代にそぐわない価値観ややり方に固執して、新しい芽を摘んだり、成長の阻害要因となっているようなイメージだったのですが、この記事を読むと30代の若い社員の中にもそういう人が居るといっています。

確かにいますね。。。

実力の伴わない状態で後輩に偉そうに講釈を垂れている人は、私が会社勤めしているときにも居たし、独立していろいろな組織を見ている中でも存在しています。

 

高齢の老害と若年の老害の共通点は「能力不足」です。

この「能力」は分野や種類など多岐に渡っているので「この能力が足りないからだ!」と断定はできませんが、全体的に何か欠けている印象ですね。

どうしても漠然とした言い方になってしまいますが、おそらく「自己認識」と「観察」の能力が欠けているのではないかと私は思います。要は「身の程知らず」と「周りを見ない」が原因なのではないかと。

能力の高い人ほど「自分に充分な力がない」ということが分かってきます。自分のやりたいことややるべきことの全体像が掴めてくると、自分の能力に不足している部分がわかってきます。

 

それと同時に、全体の中での自分のことも理解できるようになってくるのです。こちらは経験とか精神的な成熟度も要素として加わってくるので、単純に能力の高さだけではないかもしれませんが。でも、己を知り、周囲への理解が深まれば、少なくとも自分の価値観を押し付けることがなくなるでしょう。

こうした人を何とかしようとするのは困難です。だって、そもそも「自分はできている」と思うのでしょうから、そこに疑問を持たない限り自ら学ぼうなどとは考えないのです。企業研修やコーチングを行う時も、厄介なのはこういう人です。

 

こういった場合は、本人の自尊心を傷つけないように配慮しながら、何とか「疑問」を持たせる努力をします。これは時間がかかる作業なので、1日の研修では難しいことも多いのですね。まぁ、30代の老害社員なら、多少手荒な気づかせ方も有りかもしれませんけど、研修が終わった後も自分がその人に関わりを持てるか、同等のフォローができる先輩社員がいるというのが条件でしょうね。(でないと、責任が持てません)

 

あなたは自分のことをどれくらい理解していますか?

 

oldman photo

Photo by Nicolas Alejandro Street Photography

鏡と自分と傾聴の話

「男は四十になったら自分の顔に責任を持て」

という言葉がありますよね。今朝、鏡を見ながら「ちょっと老けたかな」という感想と共にそんな言葉を思い出しました。自分では若いつもりでいるのですが、今年で五十を迎えます。今年はいろいろな意味で飛躍しようと改めて思った次第です。

 

おはようございます。コーチングスケイプの大森です。

 

川面に映った自分の姿を見た犬が、それが自分だとは理解できず、自分の咥えている餌を取りに来た他の犬だと勘違いして吠えてしまい、餌を川に落としてしまうという童話があります。

鏡に映った自分の姿を「自分」だと認識するのはかなり高度な脳が必要で、かなり以前の研究ではこの能力を持つ動物は人間以外ではチンパンジーとオランウータンだけだと思われていたそうです。

2000年代に入ってイルカにその能力があると報告されて以降、アジアゾウやカササギなどにもそのような能力が認められ、いまではイカも鏡に映った自分の姿を自分だと認識できることが確認されています。

生息域も異なり、哺乳類、脊椎動物に限らず、共通するものがないのですが、発達した脳(イカも無脊椎動物としては例外的な巨大な脳の持ち主)と、社会性を持っているとことがその能力を持たせる条件なのではないか、という仮説があります。

確かに社会性を持った集団の中に適応するためには、自己と他者を分けて考えられることが求められますよね。

 

人間でも「こんなこと当たり前じゃないか。なんでお前はできないんだ!」という自分勝手な、自己と他者の区別がついていないような価値観を持っている人がいますし、そういう人は集団の中で何かしらの問題を起こします。

自分の価値観を押し付けることは良くないと思われていますが、それでも大なり小なりそういうことを他人に強いている場面は、誰にでも経験があるのではないでしょうか。要するに無自覚にやってしまっていることなんですよね。もちろん、私も含めて。

 

コーチングを学ぶ際に自己認識を高めるトレーニングを行います。アセスメントなどを使う場合もあれば、グループでフィードバックしあったり、孤独に内省を求めることもあります。こうしたワークを通じて、自己認識を高め、自己受容を促していくわけです。

自己認識、自己受容が出来ていないと、クライアントの話に自己を投映してしまったり、アドバイスをしたり、時として感情を伴う反応をしてしまいます。「傾聴」とは程遠い状態ですので、この状態ではコーチングは成立しません。

 

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の一節で、「あらゆることを 自分を勘定に入れずに よく見聞きし分かり」という言葉がありますが、傾聴は正に「自分を勘定に入れずに」聴くことだと思っております。自分と他人は違う。容姿や性格も違えば、自分の価値観と他人の価値観も違う。人の話を聞いているときに、つい忘れがちな事です。でも、意外と難しいことでもあります。

 

 

人の話を、どのように聴いていますか?

 

Conversation photo

頭がいいってどういうこと?

きっと、年末で皆様お忙しいですよね。もう一息で今年も終わりです。そんな最中に風邪を引いてしまいました。体力的にも少しきつかったせいかもしれませんが、それ以上に気のゆるみが原因かも。えぇ、そうです。私は昭和の生まれなので「風邪は気合で治す!」派です。若い人からは理解されないかも知れませんが。。。

 

どうも、こんばんは。コーチングスケイプの大森です。

 

ところで、辞書で「理解する」という言葉を調べると2つの意味があるのですが、すぐにわかりますか?

 

1.(ものごとの筋道やわけを)考えて正しく知ること。わかること。
2.(相手の気持ちなどを)正しくくみ取ってみとめること。

(三省堂 国語辞典より引用)

 

実はこの2つには違う能力が求められるのではないかと思うのです。

細谷功の「地頭力を鍛える 問題解決に活かすフェルミ推定」(東洋経済新報社)では、頭の良さを3つに分類しています。

一つ目は「物知り」。

知識が豊富とか、生き字引とか言われるタイプ。語学の達人もこれに分類されています。記憶力がものをいう世界ですね。

二つ目は「機転が利く」。

これは「場が読める」「空気を読む」といった理屈では説明できない能力です。人とコミュニケーションを取るのが上手なタイプでしょうね。上記の国語辞典の定義で2にあたる意味で、「察する」という言葉でも置き換えることが出来そうです。

三番目は「地頭がいい」です。

これはものごとを論理的に考えることが出来る能力です。この3つとも兼ね備えている人もいれば、偏った能力しかもっていない人もいます。それでも世の中では「頭がいい」人に分類されているはずです。

 

たまに「あの人、頭はいいのに・・・」と言った類の会話をしたことはありませんか?

私は結構な確率で出くわします。とても不思議な現象だったのですが、この本を読んでからはずいぶん腹落ちしました。納得すると意外なもので、その人の事も受け入れられるようになったのです。

「あぁ、そうか、この人は凄く有能な人なんだけれど、人の気持ちを察することが出来ないんだな」と。

 

かくいう私も若いころは「機転が利く」が主軸で仕事をしていました。20代後半から30代に入ってから周囲から求められることが少しずつ変化して、機転だけでは通用しなくなり、周りにも「地頭がいい」タイプの人が多かったせいもあり、かなり焦っていた記憶があります。なので、ずいぶんと勉強する羽目に合いました。

いずれにしてもバランスが大切だと思います。たまに自分がどういう状態にあるのかを振り返って、客観的に認識することも重要なのでしょうね。

 

あなたはどのタイプですか?

 

genius photo

Photo by mrsdkrebs