英語なんて適当でも通じるのか?

風邪の症状は治まったものの、まだ喉が痛い。

もう一晩、ゆっくり寝ようと思いつつ、今夜はウィンブルドン1回戦(錦織圭)の中継があるんですよね。

眠れない・・・・。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

今日はこんな記事を読んでインスピレーションを得たことを書いていきます。

「微妙な英語力」でも世界で活躍できるワケ(東洋経済オンライン)

 

先日ふとしたきっかけで、英語をどうやって学んできたかという話になりました。

きっかけというのは、ビジネスで海外とのメールのやり取りをどうするかという話でした。

幼少の頃から英語に触れる機会があった人は自然と英語を身に着けたようですが、私の場合はそのような体験も海外留学の経験もありません。

自分の中で一番役に立ったと思っているのは大学受験中に通った予備校の授業でした。

品詞分解を基本とした英文読解でしたが、その頃の私の学力でも何とかついて行ける内容で、細かなことはすべて忘れてしまいましたがとにかく主語と動詞を見つける癖だけはついたのです。ただ、自動詞と他動詞の区別はしていなかったので、かなりいい加減極まりないものですけど。

それが何となく英文の解釈と英作文にも役立っていて、外資系でも(これまた何となく)メールの読み書きができる程度にはなっていました。

初めて海外とメールのやり取りをするとき、英語に自信がなく周りの人に英文を添削してもらおうとしたのですが、忙しい(面倒くさい?)ためか誰もしてくれず、3人くらいに断られたとき皆同じことを言っていたのです。

「大丈夫だよ。伝わらないときは向こうから『何言っているかわからない』と言ってくるから」と。

なんともいい加減なアドバイスだと思いましたが、いざメールを打ってみると本当だとわかりました。

幸い「わからない」とは返ってきませんでしたが、あいまいな部分は「これって○○ってこと?」と聞いてくるので、また説明のメールを打ち返す。そうしながらコミュニケーションは成立していたのです。

まぁ、米国本社と日本支社の社内コミュニケーションだったからという事情はあると思います。

間違いを恐れて何もしないよりは、「安づるよりも生むが易し」の精神で行動を起こすことも必要ということですね。

後にわかるのですが、アジア諸国の支社の人たちとメールのやり取りや会話をする機会を得たとき、文法の間違いなんて気にせず話している人が多いことも理解できましたので、外国語の習得はアウトプットが重要だということなんだと思いますね。

 

c7dde0b1658ceb26d68fe58cdac9f2f4_s

繰り返し読むという勉強法

継続していた事柄も、一度さぼるとそのままずるずると続けられなくなる。

私の場合、最近の英語の勉強がそれです。

良いペースで続けているときは問題なく勉強に取り組めるのですが、ちょっと間を置くと再開するのが億劫になってしまいます。

それではいけないと、今日から再開。でもいきなりはペースを戻せないのですね。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

何をしているかというと「英語リーディング教本」という本をひたすら読んでいるだけなのですが、これも続けて頭に叩き込むというやり方。

今日読んだ記事に興味深いことが書いてありました。

7回教科書を読むと脳が勝手に覚えてくれる! 繰り返し読み勉強法の驚きの効果

私の頭脳で7回が妥当かどうかは分かりませんが、自分のやり方が間違っていないということが分かっただけでも心強いのです。

勉強って、自分に合った勉強法を見つけることが大切なのですが、少なくとも7回は読み続けてみようと思います。

 

1fc0d445cddeef8de397188d6c8b15c1_s

ちょっと背伸びをしてみる

昨日の朝からNHKラジオの「基礎英語1」を聴いています。

私が、というよりは娘の付き合いで、なんですけどね。

 

こんばんは、コーチングスケイプの大森です。

 

小学6年生の娘と一緒に毎朝6時から始まる「基礎英語1」を聴き始めましたが、NHKの英語プログラムだと小学生向けに「プレキソ」という番組があります。ですが、中学1年生向けに作られたプログラムを選択しました。

スパルタ教育とかではなく、単純に娘がテキストを見比べてそちらを選択したからです。ちょっと背伸びをしたい年頃なのか、自分よりも少しお姉さんっぽい絵柄に魅かれたのだと思います。

とりあえず聴くだけでいいよ、と伝えてありますし、中学校に進学したら嫌でも文法やら何やらと難しいことをやらされるので、その前段階で耳目を慣らしておければいいかな程度に考えています。

問題があるとすれば「わからない」状態が背伸びをした分だけ長く続くことです。ここで嫌になって放り出したり、最悪の場合には英語が嫌いになっては困るので、私が横について一緒に聴きながら分からない場面でサポートすればいいのだと思っています。

 

一人で何かを続けるには、ひと方ならぬモチベーションが必要です。そして、そこに伴走者が居ればとても心強いはずなのです。

基本的には自分でやらせてみて、自分なりの勉強法を見つけられるところまではサポートしたいと考えています。こうしたちょっとした支援がやる気を持続させるコツかもしれませんね。

 

あなたは自分のやる気を維持するために、どのようなサポートが必要ですか?

 

support photo